トヨタライズの納期最新情報!11月契約だといつになる?

トヨタライズの納期最新情報!

トヨタライズがかなり売れていますけど、購入予定の方が気になるのが納期ではないでしょうか。

トヨタライズの納期次第では買いたくないという方もいると思うので、実際に納期を調べてみました!

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

トヨタライズ 2019年11月現在の納期

ライズの納期

2ヶ月~3ヶ月

トヨタライズの2019年11月現在の納期は大体2ヶ月~3ヶ月くらいとなっています。

2020年の1月に納車ができればまあだいたい平均という感じですね。

基本的に今からだと納車されるのは2020年の初頭と考えておくのがベターです。

トヨタライズを早めに納車してくれる所がある?

今から購入するとなると早くて2020年の年明けという事になるのですが、ディーラーによっては早めに納車してくれるかもしれません。

それは見込み発注をしていたディーラーです。

トヨタライズは発表前から「これ売れるんじゃね?」とネットやSNSでも盛んに言われていた車です。

だから、少しくらい多めに仕入れておいてもどうせ全部売れるだろというディーラーもいます。

既にライズの現車はある訳ですし、後は公道で走れる様にナンバー申請や車庫証明、簡単な整備でOKですからね。

そういうディーラーを見つける事ができれば納期は早くなるのでちょっとお得でしょう。

トヨタライズの今後の納期はどうなる?

今後のトヨタライズの納期はしばらくの間は長くなっていくのかなと考えられます。

今で2ヶ月~3ヶ月くらいの納期ですから場合によっては半年くらいにまでなるかもしれません。

トヨタライズの納期が2ヶ月という事ですが、納期半年とか1年みたいな超人気車種ほどではないにせよそこそこ納期は長いです。

納期が長くなっている理由としてはかなり売れているのがやはり原因のようです。

初期受注の段階で既にダイハツロッキーとトヨタライズで万単位の受注になっているのでかなり売れています。

どれくらい売れているのかと言うとこんな感じです。

販売目標 事前受注台数
トヨタ・ライズ 4000台 6500台
ダイハツ・ロッキー 2000台 3500台

要するに元々の予定台数の約2倍は売れているという事です。

事前受注の時点でこの売れ行きですから今後、納期は延びるんだろうと予想されます。

予定台数よりも売れていれば確かに作るよりも売れる方のスピードが速くなりますから生産が追いつきませんよね。

基本的に納期が長くなっている車は人気車種ですから生産≦売れ行きとなる事が多く、納期は長くなりがちです。

落ち着くまでの期間は今のところは不透明ですが納期がドンドン長くなる事が予想されるので買う気があるなら早めにした方が良さそうです。

トヨタライズの納期が早まる裏ワザテクニック

トヨタライズの納期が長くて待ちきれない!できるだけ早く納車してほしいけどどうしたら早くできるんだろう?

そんなせっかちな方の為に納期を短くするテクニックをご紹介します。

多めに発注をしていたディーラーを探す

高額商品である車だからマヒしがちですけど、車も1つの商品です。

在庫があればすぐにでも売れますし、無ければ売れません。

でも売る側からしたら商品を仕入れるにしてもお金がかかるからできる限り在庫は抱えたくないはずです。

でも、そのリスクを背負ってでも売れるだろうと思って多めに発注しているディーラーもいる訳です。

そういったディーラーを探しあてれば納期は短くなるでしょう。

試乗車、未使用車、中古車を探す

未使用車も中古車も既に現車がある訳なので仕入れる必要がなく、簡単な整備と法手続きだけで乗り出せますから納期はめちゃくちゃ短くできます。

どんなに新しい車であっても売る為にディーラーでは試乗車が必ずありますよね。

あの試乗車ってある程度使われたら未使用車(新古車)として市場に出回ります。

何人もの市場に使われているので新車ではありませんがそれでも大した走行距離にはなっていませんし、ディーラーの管理の下で整備されているから品質的にはほとんど新車と変わりません。

純粋な新車でもないので新車の値段よりも安く買えて更に納期も短くて済むのでメリットは多いです。

また、中古車市場にはなぜかほとんど走っていない新車同然の車が出回ります。

ダメ元で探してみるか~って感じで中古車販売に聞いてみたら見つかった!なんて事もザラにあります。

むしろ新車を買うよりも未使用車とか中古車を狙って探す方が楽なんじゃないかとすら思います。

このテクニックのデメリット

未使用車や見込み発注をしていたディーラーで買う場合、デメリットがあります。

それは色やオプションなどを選べないという事です。

既に車として存在しているのでオプションや装備品、色などはその色で決まっています。既にある物を買う訳ですからこの辺りはどうしようもありません。

しかし、たまたま自分の希望していた色やオプションであればこれ以上ない掘り出し物でもあるので一概にデメリットとは言えないですけどね。

トヨタライズの納期最新情報まとめ

トヨタライズの納期についてお伝えしました。

かなり売れている車なので納期は2ヶ月~3ヶ月は見ておかなければなりません。

しかし、納車を待てるよ~という方はそのまま買ってもいいのではないでしょうか。

もちろん、待っている間にトヨタライズの中古車が出回ってそっちでいいやっていう方はそれもアリだと思います。

その辺は状況に応じて判断していってください。

人気記事:トヨタライズ 値引き相場と限界価格
人気記事:トヨタ ライズの色の人気は?カラーバリエーションランキング

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!