ライズのベージュはトヨタ車の中でもおすすめ

ライズのベージュが気になる!実際の色ってどんな感じなの?と気になる方!

ライズの公式サイトを見るとイマイチと感じるかもしれませんが、実車を見るとビックリするほどきれいなベージュになっていますよ!

実際、ライズのベージュってどんな感じの色なのか?

また、世間の口コミや評価が知りたいという方の為にまとめてみました。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

ライズのベージュの実車はこんな感じ

ライズのベージュ色は画像だったら公式サイトでも確認できます。

しかし、画像と実車はやっぱり全然違う物なので実車をご紹介するとこんな感じになっています。

上記のTwitterの投稿を見て頂くと分かる通り、画像のベージュよりもかなり明るい発色となっています。

公式サイトの画像だけ見て「なんだかくすんだ感じでパッとしないな」と思った方であっても実車を見てみたらかなり違いがあるのでビックリすると思います。

温かみを感じるベージュとなっていて部屋のインテリアにあったらリラックスできる様な色合いとなっています。

動画でも紹介してくれている方がいたので動画を見て頂くともっと分かりやすいと思います。

この色合いで「嫌い」という人っているのかな?なんて思うくらいにキレイな色だと私は感じています。

スポンサードリンク



ベージュのライズの口コミ評価ってどうなの?

私自身はライズのベージュは非常にお気に入りの色で細かいデメリットがあっても目を瞑れる位なのですが、他の世間一般の評価ってどうなの?と気になる方の為に口コミ評価をまとめてみました。

ライズのフォルムに合った色

ライズの車体ってフォルクスワーゲン程ではないですが、基本的には丸っこい感じのフォルムです。

なので、温かみを感じさせるベージュはライズに良く似合っているという評価がありました。

私自身、なんでこんなにライズのベージュって落ち着くのかな?と思っていましたけど丸っこいフォルムがそうさせているのかと気づきました。

上記のTwitterでも書かれていますが白黒ツートンの方がリセールバリューは上なのは間違いないありませんし、万人受けもするしカッコいいのも間違いないです。

しかし、それでもベージュを選ばなかったことを後悔させるくらいの魅力のある色だという事がご理解いただけるでしょう。

思ったよりもベージュのライズを見かける

私は野生のライズをまだ見かけたことが無いのですが、見かけている人は結構見かけているみたいですね。

上記の方はたまたまだとは思いますが、5台見かけて3台ベージュってなかなかの確率ですね(笑)

しかし、ある程度選ばれていないとこういう事はありえないのでベージュも割と選ばれている色だという事がご理解いただけると思います。

実際、ライズは定番色である白や黒の割合が他の車よりも少ないです。

白と黒で全体の約半分となっている訳ですが、他の車だと白と黒を合わせて全体の8割とかになっている車もあるのでいかにライズは色々な色が選ばれているのかが分かりますね。

ハスラー程ではないにせよ、色を楽しめる車だという事が分かります。

ベージュの車のメリットデメリット

実際、ここまで読んでくださってライズの色をベージュにしたいなと思う方は多いと思うのですが、買ってから「こんなはずじゃなかった」となっても大変ですよね。

そこでベージュの車のメリットとデメリットについて解説していきます。

他の人と色が被らない

ベージュと言うのは白や黒の様にどの車にも必ずあるという様な色ではありません。

どちらかと言うとマイナーな色だと言っていいでしょう。

だからこそ他の人と色が被りにくいですから他の人と同じ色は嫌だという方におすすめです。

汚れや傷が目立ちにくい

汚れや傷が目立ちにくいのもメリットの1つです。

色が濃い色や真っ白だとちょっとした傷でもその部分に目が行きやすくなりますが、ベージュの様な淡い色合いだと少々の汚れがあってもあまり目立つことがありません。

汚れが付いてはいるので洗車をするのをおすすめしますけど多少サボってしまっていても結構キレイに見えるのはメリットだと言えるでしょう。

明るいベージュなので光が当たるとゴールドっぽく見える

動画を見て頂くと分かる通りかなり明るいベージュです。

光がガッツリ当たる場所ではややゴールドっぽく見えるのでちょっとゴージャス感を感じる事ができます。

暗い場所では温かみがある色で明るい場所では華やかに見える1色で2度おいしい色だと言っていいでしょう。

目立ちにくい

前述の通りベージュと言うのは車ではあまり見かける色ではありません。

ベージュ自体は目立つ色では無いですが、その希少性のせいで目立ってしまう事があります。

あまり目立つのは嫌だなあと思っている人が買う事もあるかもしれませんが、意外にベージュは目立つという事を覚えておいて下さい。

リセールバリューが低い

あまり出回る色ではないので需要は白や黒と比べれば圧倒的に低いです。

良い色だとは思いますが、老若男女全ての人に受け入れられているのか?と言うとそういう訳では無いのがデータが語っています。

定番色じゃないからという理由で避ける人もいるでしょうしね・・・( ̄▽ ̄;)

なので、リセールバリューはどうしても低くなるので、いずれライズを手放す日が来た時に次の車の資金の足しにしにくいのはデメリットと言っていいでしょう。

トヨタ ライズの評価まとめ

ライズのベージュ色の評価をまとめると高評価の多い色だという事がご理解いただけたと思います。

もちろん、黒や白という超定番色と比べたら売れ行きは下になりますけどベージュが嫌いと言う人ってなかなかいませんからね。

画像で見るよりもかなり明るい感じのベージュになっているので人をあまり選ぶ事のない選んで損のない色だと私は感じています。

良かったら参考にして下さい。

他のライズの色が知りたいという方は下記の記事も参考にして下さい。

トヨタ ライズの色の人気は?カラーバリエーションランキング
トヨタ ライズ黒の内装やエアロパーツを紹介!

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。