ライズの加速性能!0-100kmが速い!

ライズの加速性能ってどんな感じなの?

ライズの0-100km加速は何秒くらいなんだろう?

SUVであるライズは一見すると加速が鈍そうに見えますが、実際に走ってみるとかなり加速性能が良い事にビックリします。

具体的にどれくらいの加速性能なのか?について解説すると共にライズのライバル車の加速共比較していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

トヨタライズの0-100km加速はこんな感じ

  • 0-100km加速・・・9秒60
  • 0-60km加速・・・4秒30

グレードはGの4WDとなっていて直列3気筒のターボ車です。

この動画の方が人力で運転されているので運転する人によってたしょうタイムが前後するでしょうが大体これくらいの速度にはなるよ~と思っていただければと思います。

ライズの0-100km加速のネットの口コミ評判

1000ccにしては結構いい加速ですね。
日常では問題無さそう^^*1000ccにしては結構いい加速ですね。

引用:https://www.youtube.com/watch?v=fVfR6LdJYsU&feature=emb_logo

1000㏄であるという事を考慮した評価ですが、日常で問題ないくらいの加速であると思われていますね。

大多数の人の総評なんだと思います。

その証拠に以下の様な評価もありました。

1Lで10秒切りは使いやすいなぁ

引用:https://www.youtube.com/watch?v=fVfR6LdJYsU&feature=emb_logo

100km/hまで10秒を切るなら加速性能としては合格点をユーザーから受けているという事がご理解いただけると思います。

これくらいの加速があれば高速道路の合流で周りの車の速度に合わせるのもスムーズになりますよ。

Twitter上でも加速が悪いと感じている人はほぼいないので加速が悪いんじゃないの?と心配している人は安心してください。

スポンサードリンク



トヨタライズの加速性能は良いと言えるのか?

トヨタ・ライズの加速性能に関しては良いと断言できます。

もちろん、ライズよりも排気量の多い車と比較したら物足りないですが、ライズは1.0Lの大衆車になります。

わずか1.0Lのエンジンで0-100km加速が10秒を切るのであれば街乗りであればストレスを感じる事なく運転できるでしょう。

幸い動画には0-100km加速だけでなく0-60km加速も載せていてくれているので、一般道での信号待ちからの再加速でどれくらいでスピードに乗れるのかもイメージしやすいと思います。

4秒程度で60km/hまで加速してくれるのなら周りの車の流れに乗るのもスムーズになる事でしょう。

なぜこんなにも加速が良いのか?

ライズはなぜこんなに加速が良いのか?と言うとその理由は軽さにあります。

実はこの車、かなり軽いんです。

ライズの重量は以下の通りです。

グレード 車重
G、S、X 970kg
Z 980kg

初めてこの車重を見た時ビックリしました。

車重1000kgを切る車ってそれほとんど軽自動車とかコンパクトカーじゃん・・・Σ(゚Д゚)

代表的な所で言うとヤリス、スイフト、パッソ、ソリオ、ロードスター辺りです。

ライズがこれらの車と違う点はSUVであるという事。

SUVは悪路を走る為に車高を高くしたり、色々なパーツをゴテゴテと付けるので重くなりがちなのですが、ライズは重くなっていません。

もちろん、ジムニーの様なゴリゴリの悪路走破性はありませんが、他のコンパクトカーなどと比べれば悪路走破性は上です。

にも拘らずコンパクトカーと同程度の軽さを実現しているのでこれだけの加速ができるようになっていると言う訳です。

加速性能から分かるコーナーでの快適さ

加速性能が良いという事はコーナーでの快適さにも影響してきます。つまり、コーナーを曲がった後の立ち上がりです。

教習所でも習いますが、コーナーの基本はスローインファストアウトです。

主にモータースポーツなどで使われる言葉ですが、一般道でも基本的には変わりません。

つまりコーナーを曲がる時は十分にスピードを落とすのでその後の加速が良ければ良い程気持ちよく運転できるのは間違いありません。

ライズの場合、十分にスピードを落としてもその後の加速性能が良いので楽に運転できる事でしょう。

自分の思った通りに運転しやすいという意味でも運転初心者におすすめの車だと言えます。

トヨタライズの加速性能を他のライバル車と比較してみる

ではライズのライバル車と比較してみます。

とは言え、ライズのライバル車と聞くとロッキーが思い浮かべられますが、OEM車であるので加速性能もほぼ差がありません。

なのでロッキーは除外させて頂きます。

スズキ・クロスビーと比較

0-100km・・・約11秒

変速時のスピードの落ち方がちょっと気になる所ですね。そのタイムロスが響いてライズよりも遅くなっています。

一般道の60km/hくらいまでなら1速⇒2速までになるのでそこまで気にならないかもしれませんが、高速道路辺りだとちょっとこのロスは気になるかもしれません。

それでも、クロスビーの加速は高評価だったりします。

いかにライズの加速性能が高いかが良くわかると思います。

ホンダ・ヴェゼルと比較

  • 0-100km加速・・・8秒16
  • 0-60km加速・・・3秒70

ライズよりも加速が速い車ですが、エンジンが1.5Lですからね。

ただ、車重は約300kg程ヴェゼルの方が重いです。

車としての出来なら個人的にはヴェゼルの方が上だと思っているのですが、その分価格も高くなっていますからね。

80万円近い差がある中でこれだけ肉薄しているライズがいかに使いやすいかが分かる比較だと思います。

トヨタ・RAV4

  • 0-100km加速・・・8秒40
  • 0-60km加速・・・3秒90

多分、ロッキーを除けば一番比較されるであろう車がこのRAV4。

エクステリアは確かに似ていますが、排気量が倍くらい違うので加速には差があります。

だからこそ0-100加速で1秒以上もの差になっている訳です。

車体がライズよりも大きいので取り回しはやや大変ですが加速の気持ちよさだけで見たらRAV4の方が上という事ですね。

トヨタ・CH-Rと比較

0-100km加速・・・9秒73

排気量は全然違うけど同じトヨタ車という事でRAV4と並んで何かと比較されるCH-R。

でも、比較してビックリ!なんとライズよりCH-Rの方が遅いんです!

「そうは言っても0.13秒だけの差だから誤差だよ誤差」って方もいると思いますのでそこまで気にする必要もないとは思います。

車重が500kgくらいCH-Rの方が重いのが主な原因ですね。

トヨタライズの加速性能まとめ

トヨタライズの加速性能についてまとめると

  • 0-100km加速は9秒60
  • 1.0Lエンジンとして考えたら加速性能は良い
  • 加速性能の秘訣は軽さにある
  • 同じ排気量のライバル車と比較したら速い

こんな感じですね。

SUVの様な外見なのに思ったよりも速いという使いやすい車なので人気車であるのもうなずけます。

価格の安さや使いやすいサイズなど「そりゃあ売れるよな」という要素だらけです。

ライズの他の要素について知りたいという方は以下の記事も参考にしてみて下さい。