トヨタライズの値引き相場と限界値引き価格

トヨタライズの値引き相場と限界額
  • 車両の値引き相場・・・10万円
  • 限界の値引き価格・・・15万円
  • オプションを含んだ合計の値引き価格・・・20万円

車両の相場で10万円って書きましたけど、最低でも10万円は引かないと平均額に乗らないという意味です。

ディーラーによって値引き額に違いはあります。

何も言わなくても初回値引き交渉で10万円提示してくれる所もあれば全く値引きしてくれない所もありますので、かなり店舗によってズレがあるという事は覚えておいて下さい。

ちなみに10万円でしっかりと交渉成立している人も結構いますよ。

言い換えると交渉しても10万円にも届かなければそのディーラーで買ったら損をするという目安になります。

ディーラーによっては車両価格のみで3万円、そこからオプションをプラスしていく事で値引き額も増えるっていう人もいました。

なので、交渉の結果で値引き額が10万円未満になるのでしたらそのディーラーでライズを買うのは止めておいた方が良いでしょう。

もちろん、これらは後述する最低限の値引きテクニックを行ったうえでの値引き額なのでこれからお伝えする値引きテクニックはやる様にしておいてください。

トヨタライズの値引き相場まで引き出す為にやるべき事

トヨタライズの値引き価格を最低でも相場価格まで引き出すためには最低限やっておかねばならない事があります。

  • 下取り予定の車の下取り価格を調べる
  • ライバル車の見積金額と比較する

他にもやっておいた方が良い事はありますが、これら2つはやっておかないと値引き相場の10万円にも届かない可能性があるのでしっかりと準備しておいてください。

下取り予定の車の下取り金額を調べておく

ライズを買うにあたって今まで乗っていた車って下取りに出す方は多いと思います。

でも、ディーラーの下取り価格って買取業者と微妙にズレているのって知っていますか?

ディーラーと買取業者だと買い取った後の車の流通経路が違うので基本的に買取業者の方が高くなります。

でも、それを知らずにディーラーで下取りをしてもらうと本当だったら50万円で買い取ってくれていたはずの車でもたった20万円程度の値しかつかなかったなんて事もあります。

そもそもディーラーの言うがままに下取りしていたら比較対象がないから本当にその下取り価格って正しいのかわからないじゃないですか。

それを知る為にも買取業者ではいくらで売れるかって言うのは知っておいて損は無いですよ。

取りあえず自分の車の価値を知っておくなら下記の車査定・買取の窓口を利用する事ですね。

上記の画像だと「かんたん45秒!」って書いていますけど、車のメーカーとか走行距離などそんなに多くない必要事項を記入するだけですから簡単にできます。

あと無料なので買取価格だけ調べるのにちょうどいいです。ディーラーより高く買い取ってくれるのならばそのまま売れば良いだけですしね。

⇒45秒で無料で愛車の価格を調べる

ライバル車と比較する

トヨタライズの値引き額を限界まで引き出そうとするのならライバル車との比較は必須です。

買取の所でもお伝えしましたが比較対象が無いと提示された金額が高いのか安いのか分かりませんからライズと似たような車と比較してどっちがいいのかを比べる必要があります。

とは言え、ライズとまるで性格が違う車と比べても仕方ありません。

例えばフェラーリと比べようとしてもあまりに金額が違いすぎますし、車としての性能も違いすぎるので比べること自体が意味がないというのはご理解いただけると思います。

で、ライズのライバル車はどれか?と言うと下記の車がライズに近いです。

  • ダイハツ・ロッキー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・イグニス
  • ホンダ・フリードクロスター
  • マツダ・CX-3

この辺りですね。

似た車とはいえ、価格も違えば装備や走りの性能などにもズレがあるので上記の車の特徴などについては後述します。

ライズのライバル車の特徴はこんな感じ

ライズの値引き額を少しでも高くする為にライバル車との比較は必須とお伝えしました。

そこでライズのライバル車たちの特徴について解説します。

ダイハツロッキー


引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/rocky/index.htm

トヨタライズのOEMとして発売されたダイハツのロッキーです。

同じTNGAプラットフォームやエンジンを使用しており、エクステリアもほとんど一緒。

大きな違いは価格と選択できる色ですね。

基本価格がロッキーの方が高くなっているので値引き額も相応に高くなっていますが、基本価格が安い方が断然私は良いと思っているのでライズの方が良いと思っています。

スズキ・クロスビー


引用:クロスビー公式

スズキの大人気軽自動車であるハスラーの普通自動車バージョンがこのクロスビーです。

5ナンバーのコンパクトSUVはライズとロッキーを除けば今まではクロスビーと後述するイグニスだけでした。

なので、取り回しがしやすく、遊び心に溢れた車でハスラーの感覚に近いですし、更にパワーを期待できる車です。

ただ、燃費においては実はライズの方が上になるのでランニングコストはライズの方が上になります。

参考記事:トヨタライズの燃費は悪い?実際の燃費を口コミなどから調べた

スズキ・イグニス


引用:イグニス公式

こちらも5ナンバーのコンパクトSUVとなっています。

クロスビーと違ってもっと街乗りを意識したモデルでコンパクトSUVの外見をしている普通の自動車って考えて頂ければイメージしやすいでしょう。

なので、燃費が5ナンバーコンパクトSUVの中では一番よくなっていて、価格も140万8000円からと結構安いです。

安い代わりに能力は・・・って感じですね。

ホンダ・フリードクロスター

ホンダの人気車種であるフリードの新しいグレードであるフリードクロスターです。

典型的なクロスオーバーSUVなので悪路走破性などはあまり期待できませんが、街乗りとしては快適に乗れる良い車です。

ホンダのSUVとなるとヴェゼルとも迷いましたが、ヴェゼルって大きいし、価格も比較対象にしづらいので今回は割愛しました。

フリードクロスターの値引き額については他の記事で書いているのでそちらを参考にして下さい。

参考記事:フリードクロスター 値引き相場と限界額!

マツダ・CX-3

マツダのSUVで最小となるCX-3です。

それでも最安値で200万円を超えているので比較対象にするにはちょっと苦しいかもしれません。

内装や静粛性が素晴らしく、街乗りのコンパクトSUVとしてはトップクラスでグランドツーリングカーか?と思わせる様な乗り心地だと個人的には思っています。

クロスビーやイグニスほどは比較対象にしにくいので余裕があったらマツダのディーラーに見積もりをもらってくる程度で良いです。

トヨタライズの値引きと同様になるテクニック

真向に値引き交渉するだけが値引きテクニックじゃありません。

ちょっと発想を変えるだけで実質値引きと同じ事ができる方法もありますのでご紹介します。

純正オプションではなく社外品パーツで代用する

Amazonとか見るとカー用品と言うのは沢山あります。

その中には純正品でも見かけるけれど、社外品でも売っているという物は沢山あります。

例えばフロアマットなどは純正だと数万円しますけど社外品だと1万円くらいで買えます。

また、ETCも最低限であればオートバックスとかイエローハットに行けば2万円くらいで取り付けまでやってもらえます。

社外品にするだけで数万円くらいならすぐに節約できるので純正にこだわりがなければ社外パーツにするのをおすすめします。

Amazonで探せば時間が経つにつれてパーツの販売も豊富になっていくでしょうから探してみて下さい。

⇒Amazonでトヨタライズのアクセサリーパーツを探す

新車が安くなる時期に購入する

1年で最も新車が安くなる時期と言うのは3月の年度末決算期です。

1台でも多く計上しようとするのでこの時期が最も値引きが大きくなると言われています。

それに加えて2020年の3月前後となると新型ヤリスやフィットクロスターなどの発売が予定されているのでライバル車として比較できるクルマが増えますから更に値引きを大きくできると考えられます。

ただ、それをやったらかなり納期自体は遅くなりそうではあるので、納期に関しては少し待つという覚悟だけはしておいた方が良いですね。

トヨタライズの値引き相場、限界価格まとめ

トヨタライズの値引き相場や限界価格についてお伝えしてきました。

  • 値引き額は車両価格で10万円が1つの目安
  • 下準備をしないと値引き10万円にも届かない
  • ライバル車との比較、下取り車の価値を知っておくのが絶対条件

最低でもこの3つは覚えておいて下さい。

今すぐディーラーに行っても予約で埋まっていて試乗もできないなんて事もあるので、まずは下取り予定の車の価値を知る所から始めていきましょう!

⇒無料で愛車の下取り価格を調べる

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!