ライズ 納期が早まるのに必要な事まとめ

ライズの納期が長くて困る・・・。

ライズの納期が早まるにはどうしたらいいのか?

ライズの納期が長くて困っている方はSNSなどを見てもかなり多いのが分かります。

そんな長いライズの納期を少しでも早まる為の方法をこの記事ではお伝えしていきます。

これを読めばライズの納期が少し早まる可能性が高くなりますので知らなかったと言う方は1つ1つ試してみて下さい。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ライズ 納期はどれくらい?早まる理由を解説

ライズの納期に関してはライズの公式サイトによると、どの色を選んだとしても大体4か月くらいの納期がかかるそうです。


引用:https://toyota.jp/raize/

しかし、これはあくまでも目安であって買った販売店や在庫状況によってはこの納期が前後する事があります。

でも、納期が遅くなる事は理解できても早まるなんて事ありえるの?という疑問に答える為に納期が早まる例をいくつかご紹介します。

ディーラーが納期を余裕を持って伝えていた

車業界に限った話では無いですが、納期や取り寄せの様なお客様を待たせる様な状態になった時に伝える待ち時間というのは必ずと言っていい程少し長めに伝えます。

なぜなら予定の時間よりも遅くなってしまったらクレームになるからです。

逆に伝えた待ち時間よりも早くなったらお得感を感じる方がほとんどなのでディーラーは必ず少し余裕を持った納期をお客様に伝えるんです。

私自身、ショップ店員をしていて商品の注文、取り寄せと言うのはよくやっていましたし、クレーム回避の為に到着は少し余裕を持って伝えていました。

キャンセルなどで在庫が出た

納期が長い車ですから待ちきれずにキャンセルをする人も少なからずいます。

注文していたのにキャンセルが出たという事はその車は在庫として残ります。

そのキャンセルされた車がたまたまでも自分の好みのグレードや色だったら求める人に優先的に販売されます。

メーカーとしても在庫を残して売れませんというのは避けたい所ですからね。

なので、希望する条件の幅はある程度広げておいた方が他の人がキャンセルした時に優先的に回ってきやすいのは間違いありません。

少しでもライズの納期を早める為にできる事

できるだけ早く注文をする事

何はなくともできるだけ早く注文をする事が大事です。

要は順番待ちのリストに名前を記さなければ納期が早まるも何もあったもんじゃありません。

他の要素が絡んで納期が早まるにしてもまずは順番待ちのリストに名前を入れないとどうしようもないので、買うと決まったらできるだけ早く注文するようにしてください。

人気のグレードや色を選ぶ

在庫があるお店であってもキャンセルが出るにしても人気の色やグレードが候補であればすぐに車が用意できる可能性があります。

人気のグレードや色はメーカー側も予測して多めに作るからです。

ライズの人気色に関しては主に以下の3色が人気です。

  • シャイニングホワイトパール
  • ブラックマイカメタリック
  • レーザーブルークリスタルシャイン

もっと詳しく知りたい方は以下の参考記事も読んでみて下さい。

参考記事:トヨタ ライズの色の人気は?カラーバリエーションランキング

人気のグレードに関しては

  1. Z
  2. G
  3. X

の順番になっています。

これらを参考にして選ぶのも納期を早めるのに有効です。

ディーラーオプションを厳選する

ディーラーオプションは付ければ付ける程ディーラー側のやる事が増えるのでそれだけ納期は遅れます。

なので、オプションは必要不可欠だと思う物だけを厳選する事が納期を早めるのには重要です。

ベストはオプションなしにする事ですが、「これだけは外せない」という物もあるでしょうから厳選するようにしてください。

電話で問い合わせてみる

ディーラーはどのお店も横でつながっているのではなくて独立採算制を取っています。

なので、在庫状況はお店によって様々となっています。

つまり、自分の最寄りのディーラーではライズの在庫が無くても隣町のディーラーでなら在庫があるという事もあります。

しかし、自分でディーラーを回るのは効率が悪いので電話で確認するのがおすすめです。

特に県を跨ぐと完全に別グループ扱いですから県を跨いでも行きやすいという方は2県で確認するのが良いでしょう。

必要書類をあらかじめ揃えておく

車を買うのに必要な書類はあらかじめ揃えておく事で納期は早まります。

主に必要な物は以下の通り。

  • 印鑑
  • 住民票
  • 車庫証明

これらがないとディーラーの準備ができていてもそれ以上進められないのでこちらが用意しなければならない物はあらかじめ揃えておくのが納期を早めるのに大事な事です。

ライズの納期はかなり良心的な納期だと言えるから待つべし

ここまでライズの納期が早まるという事についてお伝えしてきましたが、私としては納期が4か月前後であるのなら早まるにしろ遅くなるにしろ待つべきだと考えます。

と、言うのも本来であればもっとライズの納期が延びていてもおかしくないからです。

ライズの生産状況はベストカーによると売れすぎてオーダーストップがかかっていたとの事。

一時はあまりにもオーダーが集中し過ぎて、3月いっぱいはオーダーの受付をストップするとしていたが(※編集部注:ライズに短期間に注文が殺到したため、関東一部地域の独立系販売店で、オーダーを受け付けない(オーダーストップ)という独自対応をしていたようだ。

それほど注文が集中したということか。トヨタ自動車によると、これはメーカーとしての対応ではないとのこと)、その後早めに再開を発表している。

引用:https://bestcarweb.jp/news/131526

本来、これほど売れていれば納期は4か月程度では済まないハズです。

スズキのジムニーがいい例です。

ジムニーも約四半世紀ぶりのフルモデルチェンジで原点回帰したデザインと相変わらずの悪路走破性を武器に発売から注文が殺到し、一時は2年待ちとかいう納期になっていました。

しかし、ライズの様にオーダーストップをかける様な状態になっていませんし、販売台数を見てもライズの方が上になっています。(販売台数に関しては別記事を参考にして下さい。)

参考記事:トヨタ ライズの売れ行きはどれくらい?

にも拘らずライズの方が納期が短いというのは生産体制がしっかりとしている事の証明だと考えています。

今はオーダーがストップしてしまっていますが、再開したら納期がグッと短くなるのではないかと考えられます。

他の納期が長い人気車と比べてかなり生産体制に恵まれているので私はこれくらいの納期の長さであれば既にお伝えした納期を短くする方法を使いながら待つのがベストなのではないかと考えています。

ライズの納期が早まるのに大事な事まとめ

ライズの納期が早まるのに大事な事をまとめると

  • できるだけ早く注文する
  • 人気のグレード、色を選び、オプションを厳選
  • 自分でできる書類関係などは揃えておく

という事です。

また、納期に関してもディーラーは少し長めに伝えているので何もしなくてもキャンセルなどで早まる可能性があるという事も覚えておいて下さい。

とは言え、できる事は多いので「まだやっていない事があったな~」という方はぜひ試してみて下さい。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!