タフトの乗り心地は悪いのか?改善する方法と共に解説

タフトの乗り心地が悪いって聞いたけど実際どうなの?ってタフトを買おうかと考えている人にとっては気になりますよね。

乗り心地が悪いと知らずに買った後に後悔しては遅いですから不安になるのはよくわかります。

そこで、この記事ではタフトの乗り心地について解説すると共に、やや悪い部分の改善方法についても解説します。

この記事でわかること
  • タフトの乗り心地は本当に悪いのか?
  • タフトの乗り心地が悪いと言われる原因
  • タフトの乗り心地を改善する方法
  • タフトに乗り続けるべきかを考察

この記事を読めばタフトに乗っている人は乗り心地を改善できるし、これから買う方はどんな乗り心地なのか分かりますよ。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

タフトの乗り心地は本当に悪いのか?

タフト 色

個人的にはタフトの乗り心地が悪いとは感じません。

シートに座った時にどっしりとした安定感がありますし、ステアリングもしっかりとした手ごたえがあって好みです。

また、走り出した時の加速の気持ちよさ、街中を走る際の中低速での安定性は素晴らしいと思っています。

ただ、タフトは軽自動車であることを忘れてはいけないのかなとも思います。

タフトの総排気量は658ccなんです。どう足掻いても馬力のある普通自動車にはかないません。

それにタイヤサイズも普通自動車と違って小さいのですからフラットではない路面での走行ではやっぱりロードノイズがあります。

しかし、軽自動車同士で比べた場合は乗り心地が悪いどころか良い方だと私は考えていますよ。

スポンサードリンク



タフトの乗り心地が悪いと言われる原因

タフト 乗り心地が悪い 原因

タフトの乗り心地が悪いと言われる原因をTwitterや2chで調べた所、以下の3つが主な原因として挙げられていました。

  • ステアリングが重くて乗り心地が悪い
  • 足回りが固い
  • 高速走行時の直進安定性が不安定

それぞれ詳しく解説します。

足回りが固くて乗り心地が悪い


タフトに限らず全ての軽自動車でよく見られる乗り心地が悪いという原因です。

軽自動車のタイヤは基本的に14インチで普通自動車と比べれば小さいのです。

タフトはSUVなので、実はタイヤサイズが15インチと普通の軽自動車と比べれば大きいのですが、それでも同じダイハツのロッキーの16~17インチと比べれば小さいです。

小さい分だけ細かい凸凹を拾ってしまって、それがダイレクトに車体に伝わってしまうからこそ乗り心地が悪くなってしまうのです。

例えば段差を乗り越えたりする時やちょっとした悪路や砂利道を走る時は普通自動車のSUVと比較した場合、乗り心地は悪いと言わざるを得ません。

対処法は後述しますが、ノーマルの状態でタフトに乗るなら多少足回りが固いということは覚えておくといいでしょう。

ステアリングが重くて乗り心地が悪い


そこまで悪い評価をしている人では無いですが、タフトのステアリングが重いという評価をしていますね。

しかし、ステアリングが重いというのは必ずしもデメリットになる訳ではありません。

むしろ軽すぎることでハンドルを切りすぎたり、フワフワした乗り心地になってしまうこともあります。

「パワーステアリングが効いていないだろ!」ってツッコみたくなるくらいの重さなら話は別ですが、この方も言っている通り、タフトのステアリングは程よく重いといった感じですよ。

高速走行時の直進安定性がやや不安定

高速走行時の直進安定性がやや不安定という評価もありました。

これはタフトの直進安定性が不安定な理由は「車体の形状が四角いから」という理由によるものです。

タフトは昔ながらのSUVの側面がある軽自動車で、全体的に四角くてハスラーやジムニーなんかと系統が同じです。

だからこそ風の影響をモロに受けてしまうのです。

スピードが遅ければそこまで風の影響は感じないでしょうが、高速道路で100km/h近くスピードを出していて横風が強くなったらそれを感じるくらいにはなるでしょう。

タフトの乗り心地が悪い場合の改善方法

タフト 乗り心地悪い 解決方法

タフトの乗り心地が悪い場合の解決方法をご紹介します。

  • タイヤを変える
  • 高速道路をあまり走らない

どちらかだけでも実践したら乗り心地が良くなる可能性がありますので、試してみて下さい。

タイヤを変える

タフトの乗り心地が悪いという原因の多くはタイヤが小さいからです。

ならばタイヤを変えれば乗り心地は良くなります。

シンプルに15インチ⇒16インチのタイヤに変更すればOKです。

17インチ以上にしてしまうとタイヤフェンダーに引っかかってしまって、今度は走れなくなってしまいますからインチアップするなら16インチに変更するのがいいでしょう。

タフトのタイヤがどれくらいの価格なのかは実際に調べてみるといいですよ。

下記のタイヤフッドというサイトで簡単に調べられるので、タフトの使えそうなタイヤを探してみて下さい。

⇒タイヤフッドの公式サイトはこちら

高速道路をあまり走らない

高速道路を走らない=あまりスピードを出さないというのが乗り心地の改善に繋がります。

タフトの車体が四角くて風の影響を受けるというのは避けられないことです。

しかし、街中で走る分にはそれほど風の影響を感じないのですから、高速走行をしなければいいだけです。

もちろん、時には高速道路を使わなければいけない用事もあるでしょうが、基本的には街中を走る買い物車として使うのがおすすめです。

タフトの乗り心地が悪いのなら別の車の方が良いのか?

タフト 乗り換え

乗り心地が悪いなら他の車が良いの?と感じるでしょうが、基本的にはタフトで良いと私は思っています。

日常の足として乗るには十分の性能ですし、静粛性も素晴らしいです。

しっかりとしたステアリングも私好みです。

もちろん、人によって感じ方はそれぞれなので乗り心地が悪い、気持ち悪いと感じるのであれば別の車に買い替えた方が良いとは思います。

ただ、この記事内ではタフトの乗り心地が悪いという評価を中心に紹介しましたが、乗り心地が良いという評判も少なくはありません。(むしろ良い評価の方が多いです。)

従って、余程気に入らない限りはタフトは乗り続けるに値する車だと私は考えていますよ。

タフトの乗り心地が悪い場合の改善まとめ

タフトの乗り心地が悪いと言われる原因と改善方法についてまとめました。

乗り心地が悪いとは言われますが、タフトはどちらかというと乗り心地が良い車だと思っています。

しかし、弱点が全くない訳ではありません。

実際にタフトに乗ってみて気になるようならこの記事で紹介した改善方法を試してみてくださいね。

関連記事:タフトの色の人気は?カラーバリエーションランキング

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!