タフト 色

タフト欲しいけど世間的にどう思われているのか気になる・・・。

かっこいいと言われるのかカッコ悪いと言われているのかすごく気になる・・・。

私もこれから買おうと思っている車がカッコ悪いとか思われているのは嫌なので世間の評価を気にするタイプだから不安になるのはよく分かります。

そこで、この記事ではタフトのデザインが世間にどう思われているのかについて解説します。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

【世間の評価】タフトはかっこいい派が多数

タフト 色

結論から言いますと世間の評価ではタフトのデザインに対して「かっこいい」という人が圧倒的に多数派です。

SNSなどで「タフト かっこいい」「タフト カッコ悪い」と両方で検索すると「タフト かっこいい」は際限なくツイートが出ますが、「タフト カッコ悪い」の方は片手で数えられるくらいのツイート数しかありません。

世の中広いですし、色々な人がいるので感じ方は人それぞれなのでカッコ悪いという評価があるのは当然です。

しかし、非常に少ないということからも基本的にタフトが好意的に世間に捉えられているのがご理解いただけるでしょう。

関連記事:タフトの色の人気は?カラーバリエーションランキング

スポンサードリンク



タフトがカッコ悪いと辛口評価される3つの理由

数が少ないとはいえ、カッコ悪いという評価があるのも事実です。

そこで、カッコ悪い派の意見はどのような物があるのか紹介します。

シートの柄がダサい

タフトのシートの柄は以下の様なデザインです。

タフト 内装
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

軽自動車なので、トヨタのヴォクシーの様な豪華なデザインには予算上できないでしょう。

そこを安っぽいと感じてしまうようです。

個人的にはタフトのシートは軽自動車の中では割と質感も頑張っている方だと思いますし、乗り心地に関しては軽自動車ではトップクラスだと思っています。

この辺りについて詳しいことをタフトの乗り心地は悪いのか?改善する方法と共に解説の記事で解説しているのでよかったらそちらも読んでみてください。

オレンジの内装がチープ

オレンジの内装がチープに感じるという評価もあります。

オレンジはアクティブとか元気さ、明るさをイメージさせる色ではありますが、高級感などが出にくい色です。

タフトの場合は要所要所でオレンジ色を差し色として使っているので、そのせいでチープに感じてしまうようです。

軽自動車にガラスルーフがダサい

タフト ガラスルーフ
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/04_interior.htm

タフトの特徴であるガラスルーフを軽自動車に付けているのがダサいという意見もあります。

要は「見栄を張って軽自動車にサンルーフがダサい」という訳だそうです。


個人的にはガラスルーフが高級車の象徴だと思っていないので、この意見は偏見だと思っています。

関連記事:タフトのガラスルーフは暑いからいらないのか解説

タフトがかっこいいと高評価される3つの理由

タフトのデザインは前述の通り、かっこいい派の方が圧倒的に多数です。

その中でも「○○がかっこいい」という理由を解説します。

角張ったデザインがかっこいい

タフトの魅力の1つがその現代の車としては珍しい無骨なデザインです。

現代の車は流線形のデザインが多く、丸みを帯びたデザインが主流なので武骨なデザインはカッコよく見えます。

近年でタフトと同じように角ばったデザインで評価が高いのがジムニーです。

ジムニー

ジムニーはフルモデルチェンジで原点回帰のデザインを踏襲したことで高い評価を得て、高い走破性と相まって人気のSUVとなっています。

タフトも同じように武骨なデザインが評価が高いです。

大きなプラモデルのように扱っている

評価とはちょっと違うのかもしれませんが、タフトを大きなプラモデルのように感じている人が多く感じました。


リフトアップをしたり、好みの色に変えたりとまるでミニ四駆感覚のような人すらいます。

デザインを弄って麻生坊というのは元のデザインが良くないとやろうと思わないので、これもタフトのデザインの良さを物語っているといえるでしょう。

かわいいとかっこいいが混じってる

タフトはかっこいいという評価が多い一方でかわいさもあります。

その為、かわいいとかっこいいが混じっていて良いという意見を見かけます。

ジムニーは完全に悪路走破性の高さに振り切った男らしい能力を持っているので、デザインもそれに合わせていますが、タフトはかわいらしさも備えています。

女性ウケも狙うのであればタフトの方が良いでしょう。

関連記事:タフトの乗り心地は悪いのか?改善する方法と共に解説

タフトがかっこいいかカッコ悪いかまとめ

タフトはかっこいいと評価する人が多い良い車です。

ジムニーを除けば現状、軽自動車のSUVで角張った武骨なデザインの車はタフトしかありません。

また、ガラスルーフはタフトにしかないので、唯一無二のカッコよさを感じることもできます。

世間の評価はこのようになりましたが、結局は自分が見てどう思うかが一番大事です。

後悔の無いように実際の車を見てから購入することをおすすめしますよ。

良かったら参考にしてください。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!