タフト ガラスルーフ

タフトにガラスルーフって必要なのかいらないのか疑問・・・。

タフトの購入を検討している人からしたら他の車に無いガラスルーフの評価が気になるのは当然です。

結論から言いますとタフトのガラスルーフはメリットだらけです。

この記事ではタフトのガラスルーフとはどのような物なのかについて解説します。

この記事でわかること
  • タフトにガラスルーフは必要か
  • ガラスルーフのメリット・デメリット

この記事を最後まで読めばタフトのガラスルーフについてわかりますので、購入検討している人は最後までチェックしてくださいね。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

タフトのガラスルーフがいらないのは本当か

タフト ガラスルーフ
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/taft/

タフトのガラスルーフが必要かいらないかで言えばあった方が良いです。

なぜならタフトのガラスルーフはデメリットがほとんどなく、メリットだらけだからです。

ずっとガラスルーフの状態で変更ができないなら、私も「タフトのガラスルーフにはデメリットが大」って伝えますが、ちゃんとサンシェードが付いていて太陽光を遮断できますからね。

実際にどんな感じなのかはこの動画が分かりやすかったのでシェアしておきます。

ガラスルーフの状態と完全に屋根を覆った状態を切り替えられるのであるに越したことはないですよ。

スポンサードリンク



タフトのガラスルーフは本当に暑いのか?

暑い

ガラスルーフは暑いとよく言われますが、実際にタフトの場合はどうなのか?

実際に乗った感覚で私の体感ですが、ガラスルーフが暑いかどうか解説します。

サンルーフを開けてれば暑い

サンルーフは開けてれば暑いです。

タフトのガラスルーフは紫外線と赤外線をカットする仕様になっているので、他の車のサンルーフと比べれば暑さは和らいでいるのでしょう。

しかし、それでも太陽の光が降り注ぐので暑いは暑いです。

夏場であればエアコンを点けるので、結果的に車内の温度はそこまで気にならないでしょうが、温度が下がるまでの時間はサンシェードを閉めている時よりは遅いでしょう。

サンルーフを閉めていれば普通の車と変わらない

タフトにはサンシェードがあるので、閉めていれば普通の車とほとんど変わりません。

サンシェードと言っても布で塞ぐ簡易的なものではなく、閉めていればしっかりと太陽光を遮断できる素材です。

しかもサンルーフを閉めている時は屋根の色を黒で統一できるので、見た目はツートンカラーです。

どのメーカーでもツートンカラーは価格が高くなるので、安い価格でツートンカラーを楽しめるタフトはお得ですよ。

関連記事:タフトにターボはいらない?必要?違いについて解説

タフトのガラスルーフによるデメリット

タフト ガラスルーフのデメリット

タフトのガラスルーフにデメリットはあるのか?と気になりますよね。

具体的にどのようなデメリットがあるのかについてこの項では解説します。

致命的なデメリットはない

結論から言えば致命的なデメリットはありません。

前述した通り、サンシェードを閉められる仕様になっているので、ガラスルーフの状態と閉めた普通の車の状態を使い分けられるからです。

気分で切り替えるのもいいですし、屋根がガラス張りの状態が嫌なら開けなければいいだけです。

どんなニーズにも対応できるのがタフトのガラスルーフです。

しかし、「強いて言えばデメリット」と言える部分もあるので、次項で解説します。

ガラスの分だけ車重が重くなる

普通のルーフと比べてガラスルーフはパーツが重く、その分車重も重くなります。

重いパーツが天井にある=重心が上がるということでもあるので、走行安定性は多少悪くなります。

車の中で最も重いのはエンジンなので、誤差ではありますが、それでも重い物が上にあるとなれば多少重心は上がってしまうでしょう。

また、車重が重くなればその分ロールが増えたり、乗り心地に多少なりとも影響するので、この辺りはデメリットと言えます。

エアコンの効きがやや悪い

ガラスルーフは紫外線&赤外線カットではありますが、それでも普通のルーフに比べれば室温は高くなります。

室温が高くなれば夏場のエアコンを効かせるために強くする必要があります。

ただでさえ夏場の車内は熱気がこもりますし、更にガラスルーフで太陽光が入れば普通の屋根の車よりも室温は高くなるでしょう。

おすすめ記事:タフトの色の人気は?カラーバリエーションランキング

タフトのガラスルーフによるメリット

タフト ガラスルーフのメリット

タフトのガラスルーフはデメリットよりもメリットの方が大きいです。

具体的には以下の2つです。

  • 解放感がある
  • 冬場は暖かい

具体的にそれぞれ解説します。

解放感がある・明るい・空が見える

屋根がガラスになっているので解放感があるというのがタフトのガラスルーフ最大のメリットです。

普通の車は天井が囲まれていますが、タフトの場合はサンシェードを使用することでどちらも選べますからね。

天井が空いて空が見えるというのは思ったよりも解放感がありますよ。

日中の太陽光が入ってきますし、夜はキレイな夜空を車内から見ることができます。

サンルーフやガラスルーフでない車ではできない贅沢な装備です

冬場は太陽光を取り入れられて暖かい

夏場はデメリットだった太陽光を取り入れられるという要素も冬ではメリットになります。

冬の車内はエアコンが効くまでの間寒いですし、ちょっとドアを開けただけで一気に寒い空気が入り込みます。

しかし、太陽光を取り入れられればその分、車内は暖かくなります。

紫外線&赤外線カットのガラスなので、有害部分は可能な限りカットしつつ明るさと温かさを取り入れられるのはガラスルーフの大きなメリットです。

おすすめ記事:タフトの乗り心地は悪いのか?改善する方法と共に解説

タフトのガラスルーフはいらないのかについてまとめ

タフトのガラスルーフについてまとめると以下のようになります。

  • サンシェードで屋根を覆えるので、普通の屋根と切り替えられる
  • ガラスルーフの状態にしていれば太陽の光を取り入れられる
  • デメリットはほとんどなく、メリットだらけである

ガラスルーフは軽自動車の中ではタフト以外ではほとんど装備している車はありません。

それだけにアクティブに車を使いたい人にはうってつけの1台です。

買って損する車じゃないので、気になっている人は一度メーカーなどに問い合わせてみるといいですよ。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!