車の修理で30万円かかる事になってしまった・・・。

買い替えするにしてもかなり高いし、買い替えた方が良いのかな?

車の修理で30万円もの高額になったら迷いますよね。

車の修理で30万円かかると言っても買い替え一択と言う訳でもありません。

買い替えるべきケースと修理するべきケースというのが存在します。

この記事では車の修理で30万円かかる場合に買い替えるべきか修理するべきかをケースごとにお伝えすると共にいざ、買い替える時に注意する事について解説していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

車の修理が30万円で修理するべきケースと買い替えるべきケース

修理するべきケース

走りに関係ない箇所の修理が必要な場合は修理した方がお得だと考えます。

具体的に言えばエアコン、カーナビ、バンパーと言った走りにそこまで影響がないパーツの交換です。

エアコン、カーナビと言ったパーツはあくまでも走りに対する補助なのでエンジンやタイヤ、ブレーキと言った走る、止まる、曲がるといった基本的な車の動きに関する物ではないので極端な話、壊れたままでも安全性は問題ないです。

だから、これらのパーツが壊れたのであれば修理した方が基本的には安上がりになります。

買い替えるべきケース

買い替えるべきケースは走行に影響がある場合に当たります。

後述しますが車のフレームが事故によって歪んでしまったり、エンジンがオーバーヒートして故障してしまったというケースが代表的です。

フレームが歪めばそもそも真っすぐ走る事すら怪しくなってしまうので高速走行を行う高速道路で直線なのにスピンしてしまう可能性だって0とは言い切れません。

また、エンジンがオーバーヒートしてしまえばもうエンジン自体がかからなくなってしまうのでエンジンを載せ替えるしかなくなってしまいます。

走り以前の問題もあるのでこういった場合は安全性の面から見ても買い替えるべきだと言えます。

買い替えしかできないケースもある

そもそも30万円以上の修理となると車が全損してしまったというケースもあり、修理自体ができない事も少なくありません。

修理工場に持っていっても断られたり、やんわりと「この故障だったら買い替えた方が安くなりますよ」とかディーラーから言われたりします。

その場合は買い替え一択しかできなくなります。

スポンサードリンク



30万円の修理ってどんなものがある?

フレーム

約10万円~100万円

フレームと一口に言ってもどれくらいの損傷具合なのかによって修理費用はガラリと変わります。

しかし、軽い歪みだったとしても10万円を下回る事はほぼ無いと思って下さい。

また、自走できない位の歪みだと100万円オーバーも少なくなく、その場合は間違いなく直したとしてもその後走りに影響してくるでしょう。

エンジン

約50万円~100万円

エンジン関係の故障となったら非常に高額修理になってしまいます。

エンジンブロー、オーバーヒートなどで乗り換えが必要なくらいになったらまず買い替えする事になるでしょう。

オーバーホールするにしても30万円以上はかかりますしね。

とは言え、あまり壊れる物でもありませんが走行中にベルト関連が切れたりしたら一発でエンジンも壊れてしまうので注意が必要なパーツでもあります。

30万円でも今は良い車が買える

本来かかるはずの30万円で買い替える場合、こんな事思いませんか?

ダメっぽい男性

30万円じゃ低年式や過走行車しか買えないよ

実際、この悩みと言うのはある意味であってはいるんです。

しかし、今は車の性能が良くなったので低年式の車であっても可走行の車であっても壊れにくくなっているんですね。

一般的には10年10万キロを超えたら廃車扱いされますがあくまでもそれは目安で、実際には日本車はかなり頑丈にできているのでキチンとメンテナンスされた車であれば10万キロどころか20万キロ走ってくれます。

その証拠にTwitter上ではこんな人もいます。

紹介し続けたらキリがないのでこの辺にしておきますが、この様に20万キロを超えてまだ走れるというのが日本車なんです。

30万円あれば10万キロくらいの車は乗りだし価格で買えますし、私が以前乗っていたロードスターは7万キロで乗りだし価格で40万円ほどでしたから必要以上に低年式の車や過走行車を心配する必要はありませんよ。

しかし、そうは言っても買い替える際に気を付けないと安物買いの銭失いになってしまう可能性があるので、買い替える場合に気を付けるべき点をいくつかご紹介します。

買い替える場合に気を付けるべき点

買う前に走行面をチェックする

低年式の車、過走行車の肝は「ちゃんと走ってくれるかどうか」という事です。

新車と違って中古車は1点1点が全てオンリーワンの存在で同じ車は存在しません。劣化の程度は車ごとに違います。

だからこそ現車確認が重要になります。

エンジンをかけてみて変なノッキングはないのか?気持ちよくエンジンは吹け上がってくれるか?ブレーキはしっかりと効くのか?ハンドルはしっかりと思ったように切れるのか?

とにかく走行面がしっかりとしていないと買ってもすぐに壊れてしまったら目も当てられませんから可能な限り試乗して現車をしっかりと確認するようにして下さい。

高額パーツの状態をチェックする

上記と少し被る所もありますが、高額パーツの劣化具合をチェックします。

主に以下の部分をチェックすると良いでしょう。

  • エンジンの状態
  • 修復歴の有無
  • エアコンの状態
  • タイヤの摩耗具合
  • タイミングベルトの交換

事故ってフレームが歪んでしまっていたとしても素人目には判断が付きづらいかと思いますので、その辺りを心配するなら修復歴が無しの車を選ぶようにしましょう。

見落としがちなのがエアコンの状態で、クーラー、ヒーターの両方がしっかりと効くかどうか確認は怠らないようにして下さい。

夏場に買ってクーラーしか確認してなくて冬場に辛い思いをする事もありますからね。

メンテナンスの経歴をチェックする

前述の通りキチンと定期的なメンテナンスをしている車であれば20万キロ走っても簡単には壊れません。

なので、メンテナンスの経歴を可能な限りチェックしておいてください。

定期的なオイル交換はしているのか?ゴムパッキンやタイミングベルトなどのパーツは交換済みか?オイルエレメントの交換などのメンテナンスがしっかりとしている車であれば例え何万キロ乗っていた車であろうが怖くありませんよ。

可能であればメンテナンスブックをキチンと付けている車がおすすめです。

前オーナーがメンテナンスブックをしっかりと付けていてこれまでのメンテ経歴が分かる中古車も存在しますので、そういう車が見つかればそれはお宝車の可能性が高いですよ。

保証内容がしっかりとしている車を買う

どれだけしっかりとチェックをしていても機械ですから壊れてしまう事もあります。

修理が必要だから買い替えたのにすぐまた壊れてしまったら元も子もありません。

なのでアフターケアがしっかりとしているお店で買うのがおすすめです。

保証内容にしてもしっかりと確認してどんな内容の保証なのか?保証金額はいくらくらいなのか?までしっかりと契約書の細部まで目を通しておく事が後々余計な出費をする必要はなくなります。

30万円の修理が必要な車って売れるのか?

30万円もの修理が必要な車ってもう売れないよな~(´・ω・`)

廃車するしかないか。廃車費用もバカにならないんだよな。

車買取サイトってたくさんあるけど流石に修理が必要な車なんて0円提示ならまだマシで下手すると引き取り費用が必要だなんて思っていませんか?

修理が30万かかる車だろうが売れますよ( ̄▽ ̄)

それが廃車.comです。

▼公式サイトは下記バナーをクリック▼

名前から察する通り、このサイトは事故車であっても買い取ってくれるんですね。

口コミ評判を見てみてもこんな感じです。

修理が必要なくらいの車だからどうせ売れないだろうと思っているのであれば一度、査定をしてみて下さいね。

⇒廃車買取.comで故障車の査定を出してみる