ハリアーって4人家族で使うならどうなの?

結論から言いますとハリアーを4人家族の家庭で使おうとする場合はアリだと考えます。

もちろん、ファミリーカー扱いとして見るのでライバル車はミニバンになるはずです。

しかし、ミニバンとハリアーでは売りとしているポイントが全然違うんですよね。

ですからお互いにメリットデメリットがあります。

これからハリアーを買おうと思っている方の為に4人家族で使う際のハリアーのメリットデメリットについて解説していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

4人家族で使うハリアーのメリット

4人家族で使う際のメリットってどこにあるのでしょうか?

ハリアーはSUVですからミニバンと比べれば走行性能関連に関しては比べるべくもないくらいに良いです。

具体的には何が良いのか?そのメリットをご紹介します。

走行性能が圧倒的にミニバンよりも高い

運転者に対してのメリットと言った感じになりますが、走行性能がミニバンと比べてまるで違います。

加速、足回りのキビキビとした動作性能、高速道路などでの走行安定性等ハリアーの方が圧倒的に上です。

ミニバンは主に居住空間に重きを置いた車で言わば走るリビングルームみたいなものです。

それ故に足回りはどうしても犠牲にしがちで路面の凸凹を思い切り拾ってしまったりします。

また、居住空間を増やしたばかりに走行性能の面を犠牲にしてもいますからどうしてもパワー不足になってしまいます。

つまり、ドライバーを務めるであろうお父さんからするとミニバンで長距離の旅行とかに出かけようとしたらすごく疲れるんですよ。

平日は仕事で疲れていて旅行で更に運転で疲れてしまったらお父さん大変すぎます。

その点、ハリアーはそもそも街中での運転を気持ち良くする高級サルーンの側面もありますから加速が気持ちよく、また凸凹の衝撃も感じにくい様になっています。

さしづめミニバンがリビングルームならハリアーは応接間といった所です。

安全性が高い

安全性に関してもハリアーの方が圧倒的に高いです。

元々トヨタセーフティセンスを兼ね備えていて予防安全性に気を使った車なのは間違いないんですけどね。


引用:公式サイト

つまりぶつからない様にする安全性に気を払いつつも、万が一ぶつかった時の事も考えて車内はエアバッグだらけです。


引用:公式サイト

もちろん、エアバッグだけなら他の車も付けていますけど、ハリアーの場合はボディ自体が衝撃吸収ボディとなっているので予防+事故時の安全を可能な限り高める様に配慮されています。

対してミニバンって形状は直方体ですよね?

つまり、ぶつかったら衝撃をモロに受けてしまう形をしているという事です。

この辺りを知っている人は多いのですが、下記のツイートが一番よくミニバンの安全性をつぶやいているので引用させて頂きます。

万が一事故に遭った場合、フロントが短いですから前からぶつかればエアバッグがあろうが運転席ごとペチャンコですし、側面からぶつかってもスライドドアを軽々とぶち破ってしまう事でしょう。

仮にエアバッグがしっかりと付いていたとしてもミニバンじゃ構成上、車ごとペチャンコになりやすいですからいかに危険かがご理解いただけると思います。

乗り心地がいい


引用:公式サイトより

走行性能の所とつながりますが、乗り心地が良いです。

SUVの中でも特に高級サルーンよりの乗り心地なのがハリアーですからゆったりと乗る事ができます。

結果として車酔いしにくい事にもつながります。

小さいお子様は車酔いしやすいですから車の性能で車酔いしにくいのならこれほど力強い事はありません。

他のSUVと比較してもハリアーだけが持つ大きなメリットだと言えるでしょう。

スポンサードリンク



4人家族で使う時のハリアーのデメリット

メリットもあればデメリットもあるが普通です。

次に4人家族で使う時のデメリットをご紹介します。

スライドドアじゃない

ハリアーのドアはいわゆる普通の自動車のドアと同じで引いて開けるタイプです。

唯一後ろのバックドアが自動で開閉できるパワーバックドアですけど、基本的にそこは荷物の積み下ろしですからね。

荷物を持ったまま車に乗り降りしたいお母さんからすると自分で引いて開けなきゃいけない、しかも引いて開けるタイプだからスペースも気を使わないといけない訳ですから結構しんどいです。

ましてや4人家族で子供が小さかったらなおの事スライドドアの方が良いはずですからね。

子供が自分1人で乗り降りできる様になったらそれほど問題なくなるのでしょうが、新生児~幼児くらいまではスライドドアでないと大変なのかなと思います。

ベビーカーを乗せるとラゲッジルームはパンパンになる

ハリアーのラゲッジルームも結構大きいのですが、それでもベビーカーを開いた状態でラゲッジルームに乗せると1台でパンパンになります。

そうなると他の荷物などが載せにくくなってしまうのでちょっと大変ですね。

ハリアーは最大で5人乗りですから後部座席は子供たちが乗る訳ですからそこへベビーカーを乗せるというのはちょっと厳しいです。

4人家族だと場合によってはベビーカー2台とかになったら詰みますしね。

7人乗り3列シートだとそういう事もないのでしょうけど、5人乗りだとどうしても荷物の積載量は限られてきます。

ただ、この辺は新型ハリアーにフルモデルチェンジしたら7人乗りの3列シートモデルも発売しそうなので、近い将来解決されそうです。

7人乗り3列シートに関しては詳しくは下記の記事で書いたのでそちらも参考にして下さい。

参考:ハリアー フルモデルチェンジで7人乗りの予定はある?いつ来るのか

子供の目線から外が見えにくい


引用:公式サイト

後部座席を実際に見て頂くとわかるのですが、背もたれの上部が窓の一番下の所まで来ています。

チャイルドシートを付けたとしても焼け石に水で更に座高の低い子供の目線からは外が見えにくいです。

外が見えないとせっかくのドライブも退屈な物になってしまいます。

コレと言った対処法も無いのでその点はやや不便と言わざるを得ません。

4人家族でハリアーを選ぶのに向いている家族はこんな人

上記でハリアーを4人家族で使う際のメリットとデメリットをお伝えいたしました。

上記のデメリットを許容できるのであればハリアーはかなり使いやすい車になると思います。

基本的にハリアーが向いている家族と言うのは子供がある程度大きくなって1人で車に乗り降りできる様になった家族なのかなと思っています。

つまり、小さくて幼稚園の年長以上の4人家族です。

小学生とかになってくると子供の座高も高くなってきますし、後ろで1人で乗っている事もできます。

おまけにベビーカーなどを始めとした荷物も少なくなりますしね。

逆に子供がすごく小さい家族であるのならミニバンやランクルの様な積載量の多い車の方が良いと思います。

良かったら参考にして下さい。

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。