ハリアー 走行性能

ハリアーって4WDと2WDの切り替えってできるの?

4WDと2WDの切り替えができないと走りの楽しみが減っちゃうなぁ

そんな風に心配している方もいるのではないでしょうか。

ハリアーには4WDと2WDを切り替える機能は備わっています。ただ、自分で切り替える事はできません。

今のハリアーは電子制御で自動で4WDと2WDを切り替えられるようになった画期的なシステムで非常に優れています。

買うならこの切り替えがあるハリアーでないと損をするくらいのシステムなので今回はハリアー4WD切り替えについて解説していきます。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ハリアーの4WDは切り替え不要!自動で切り替えてくれる

ハリアーの4WDはダイナミックトルクコントロール4WDと呼ばれるシステムが付いていて自分で2WDと4WDを切り替える事はできません。

ダメっぽい男性

なんだ・・・年中4WDの車なのか・・・

と思ったそこのあなた!

切り替えができない=年中4WDで走らなければいけないと言う訳ではありません。

正確に言えば自分で2WDと4WDを切り替える必要がなくなったという事です。

ダイナミックトルクコントロール4WDというのは電子制御で路面状況を感知して勝手に2WDと4WDを切り替えてくれる画期的なシステムなんです。

ダイナミックトルクコントロール4WDを簡単に説明する


引用:ハリアー公式

上記ではこのダイナミックトルクコントロール4WDの事を「路面状況を感知して勝手に2WDと4WDを切り替える」と説明しましたが単純にそれだけじゃありません。

一応、ハリアーの公式サイトを見てみるとこんな記述があります。

前輪駆動状態と4輪駆動状態を自動的に電子制御。通常の走行時には前輪駆動状態で燃費効率のよい走りを実現し、発進時や滑りやすい路面を走行時には、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分します。

旋回時には、ステアリング操舵量からドライバーが思い描くターゲットラインを算出し、車両挙動に応じてきめ細かく後輪にトルクを配分。また、ターゲットラインに対し車両がコーナー外側へ膨らむ場合には、旋回内輪へのブレーキ制御とダイナミックトルクコントロール4WDを協調制御することにより、より安定した旋回を可能にします。

これらの制御により雪道だけでなくドライ路面での安定した走行を可能にしました。さらにマルチインフォメーションディスプレイで、走行中における4WD作動状態の変化を確認できます。

引用:ハリアー公式

堅苦しくてイマイチよくわかりにくいですね。

これを簡単に説明すると

ドヤ顔

路面状況を確認して自動でタイヤの回転量とかを調整して燃費を良くしますよ~

ドヤ顔

タイヤの回転量を調節して安全にコーナーを曲がれるようにしますよ~

っていう感じのシステムなんです。

コーナーを曲がるって言っても交差点でゆっくり曲がるのと首都高とかで走っててカーブを曲がるのではスピードが全く違いますよね?

当然、首都高速でカーブを曲がる方がスピードは速いですし、操作をミスったら事故に繋がります。

また、晴れの日と雨の日では路面の滑りやすさだって違います。

それらをひっくるめて電子制御で勝手に判断して

ハリアー

このスピードならタイヤの回転量はこれくらいがベストだな

ハリアー

今は滑りやすいから4WDにしておこう

って調節してくれるという事です。

関連記事:ハリアーの2wdと4wdはどっちがいい?見分け方等を解説

ハリアーの自動4WD切り替えはこんな時に助かる

路面状況が悪い時に安全に走れる

この自動切り替えのシステムですがどんな時に助かるのかと言うとやっぱり路面状況が悪い時です。

具体的には雪道とか雨の日などの路面が塗れていたり、凍っていたりする時です。

一度でも雪道を走った事がある方ならご存知でしょうが、乾いた地面を走る時と雪道を走る時は全く別の乗り物に乗っているような感覚になります。

ちょっとしたハンドル操作で一瞬でスピンとかもあり得ない話ではありません。

雪道で対向車が来ていてスピンとかしたらホントに怖いですし、大事故になりますよ・・・。

もちろんそんな路面状況だったらスタッドレスタイヤだったりチェーンを巻くのは大前提なんですけど、それだけで事故が完全に防げるのなら事故率はもっと低くなっています。

だからこそ、電子制御で路面状況を判断してベストの切り替えをしてくれるダイナミックトルクコントロール4WDは嬉しい機能だという事ができます。

単純にスピードを出している時のコーナリングなどでも効果を発揮してくれますけど、そもそもレースをやるみたいな速度でコーナーを攻める事自体が危ないですからそんな事の為には使わないでほしいですね。

基本は路面状況が悪い時の安全システムの1つだと思って下さい。

燃費が良くなる

路面状況を判断して4WDと2WDの切り替えをしてくれるという事は路面状況が良い時は2WDの一番燃費が良い状態で走ってくれるという事です。

自分で切り替えを行う4WDシステムだったらつい忘れて4WDのまま走っていたなんて事もありますけど、勝手に切り替えてくれるのならそんな心配もありません。

従って燃費が良くなるという事でもあります。また、タイヤにも優しいからお財布にも優しいですね。

燃費について詳しく書いた記事もあるので良かったらそちらも読んでみて下さい。

参考:ハリアーの燃費 30系(旧型)はどれくらい?

自動切り替え4WDがあっても安全が保障されたわけじゃない

ダイナミックトルクコントロール4WDのメリットについてお伝えしましたがよくあるのが

ドヤ顔

システムが守ってくれるんだから安心して飛ばそう

とか思うパターンです。

気持はわかりますけどね、でもあくまでもダイナミックトルクコントロール4WDは安全に走る為の機能の1つにしか過ぎないんです。

それにシステムの能力を超えるくらいにスリップしたらどうしようもありません。

極端な例かもしれませんけど、200km/hで雪道を爆走していて交差点とか曲がれませんよね?

だから、システムがあるとはいえ過剰な信用は禁物です。

特に雪道では4wdに加えてスタッドレスタイヤを履いておかないと簡単にスリップしてしまうでしょう。

スタッドレスタイヤを安く買いたいという方は下記の記事も参考にしてください。

スタッドレスタイヤを安く買うならココがNo.1!

ハリアーの4WDの切り替えまとめ

ハリアーの4WDの切り替えについてまとめますと

  • ハリアーは自分で4WDと2WDの切り替えはできない
  • 路面状況を判断して車が勝手に4WDと2WDを切り替えてくれる
  • 路面状況が悪い時に最大限の効果を発揮するシステムを備えている

昔の様に自分で切り替える楽しみがなくなったのは残念かもしれませんが、安全に走るには嬉しい機能です。

フルモデルチェンジされたとしてもこの4WDの切り替えは継続されるでしょうから、ハリアーを買う場合は参考にしていただければと思います。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!