ハスラーJスタイル2

ハスラーJスタイル2が欲しいと考えているけど、今までのJスタイルや過去のJスタイル3と比較してどこに違いがあるの?

車を買おうと思っている方からしたら違いは気になる所ですよね。

結論から言えばハスラーJスタイル2は今までと比べて基本となる走りなどの変更はないですが、見た目や一部装備に違いがあります。

簡単に言えばちょっと高級感がある感じです。

この記事ではハスラーJスタイル2がJスタイル3とどこが違うのかについて解説すると共に先代の新型Jスタイルとも比較していきます。

この記事でわかること
  • ハスラーJスタイル2の外装の違い
  • ハスラーJスタイル2の内装の違い
  • 変わらなかった点

ハスラーJスタイル2を買おうと思っている方は最後までしっかりとチェックしていって下さい。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ハスラー j スタイル 2の3つの違い~外装~

ハスラーJスタイル2
引用:ハスラーJスタイル2公式サイト

ハスラーJスタイル2になってどこに違いがあるのかというと外装については以下になります。

  • バンパーの色が違う
  • ボディカラーが違う
  • バンパーの形が違う

走りに影響することではないですが、パッと見のイメージはかなり変わるので、チェックしていきましょう。

バンパーの色が違う

ハスラーJスタイル2ブラウン×ガンメタリック
引用:スズキハスラー公式サイト

ハスラーJスタイル2のバンパーは屋根の色と同一色に変更されました。

今までのは結果的に屋根と同一色になることはあったのですが、色の選び方によっては3色以上になってしまってあんまり親和性が感じられないこともあったんですよね。

色は3色以上になると場合によっては統一感を感じさせなくなってしまうので、この変更はデザイン的に良い変更だと思います。

また、今までのJスタイル3のような限定車だとバンパーが白になっていてプラモデル感があったので、今回の変更によって高級感が増したように感じます。

バンパーの形が違う

フロントグリルの形状にも違いがあります。

【Jスタイル3】
ハスラーJスタイルフロントグリル
引用:https://www.goo-net.com/catalog/SUZUKI/HUSTLER/10113158/

【Jスタイル2】
Jスタイル2フロントグリル

Jスタイル3が可愛らしいデザインだったのに対してJスタイル2は精悍な顔つきになった感じがします。

旧型の2と3に関しては違いがほとんどなかったんですけど、新型になってから大きく変わりました。

ボディカラーが違う

ハスラーJスタイル2になってボディカラーに大きな変更がありました。

Jスタイルのボディカラー Jスタイル2のボディカラー
  • アーバンブラウンパールメタリック×スチールシルバー
  • ブレイブカーキパール×スチールシルバー
  • アクティブイエロー×スチールシルバー
  • シフォンアイボリーメタリック×ブラック
  • オフブルーメタリック×スチールシルバー
  • ピュアホワイト×ブラック
  • シフォンアイボリーメタリック×ウッディブラウン
  • ピュアホワイトパール×ウッディブラウン
  • アーバンブラウンパールメタリック×ソフトベージュ
  • フェニックスレッドパール×ソフトベージュ
  • クールカーキパール×ソフトベージュ
  • オフブルーメタリック×ガンメタリック
  • シフォンアイボリーメタリック×ガンメタリック
  • デニムブルーメタリック×ガンメタリック

具体的な違いは以下のとおり。

  • 屋根の色が茶色とソフトベージュに変更された
  • アクティブイエローが廃色となった
  • 新規色でフェニックスレッド、デニムブルーが追加された

正確には新型Jスタイルでデニムブルーやフェニックスレッドは追加されていたのですが、この記事ではJスタイル3との比較なので記述しています。

どの色もSUVらしい色合いになっていますが、個人的におすすめなのがデニムブルー×ガンメタリックです。

ハスラーJスタイル2デニムブルー
引用:スズキハスラー公式サイト

上記のような青緑のような絶妙な色をしています。

他の人と被りにくい色であるにもかかわらず、派手すぎない落ち着いた色で、更にSUVらしさも兼ね備えているので、色がまだ決まっていないというのであればデニムブルーを検討してみてください。

関連記事:新型ハスラーを買って後悔した人はいる?評価を辛口で解説

ハスラー j スタイル 2と3の内装の違い

ハスラーJスタイル2内装
引用:ハスラーJスタイル2公式

ハスラーJスタイル2の内装については以下の点に違いがあります。

  • インパネの樹脂の色
  • エアコンフィルター

どの辺が違うのが解説します。

インパネの樹脂の色が違う

インパネの樹脂の色が変更されて内装の印象がガラッと変わりました。

具体的にはブルーイッシュシルバーからチタニウムグレーに変更されています。

正直、シルバーからグレーへの変更なので、言われなければわからないくらいですよ。

そこまで、見た目のイメージが変わってはいません。

エアコンフィルターがナノイーXに変更

目に見えない所ではエアコンのフィルターがナノイーXに変更されています。

具体的には有害物質除去に効果があるというOHラジカルの量がものすごく多いそうです。

だけど、私は説明されても調べてみてもよくわからなかったので、些細な変更程度に考えておけばいいでしょう。

関連記事:新型ハスラーにターボはいらない?必要か考察

    ハスラー j スタイル 2で変わらなかった点

    比較

     

    ハスラーJスタイル2で変わらなかった点の1つが基本性能や諸元です。

    車のサイズやトランスミッション、エンジン、燃費といった基本的な部分の変更はありませんでした。

    つまり、運転感覚や加速、最高速に違いはないということです。

    例えば縦列駐車をする時の位置調整や信号待ちからの加速などは他のモデルと違いはないので、単純に日常の足としてハスラーJスタイルを買うのであればノーマルでも十分だと思っています。

    見た目や快適装備に違いがあるだけなので、「車は走ればいいや」って方はノーマルの方がお金を節約できますよ。

    関連記事:ハスラー 色で後悔した時の対処法

    まとめ

    ハスラーJスタイル2の違いについてお伝えしましたが、まとめると見た目の変わった部分が基本となっていて車としての性能の変更はなかったと思っていただいて大丈夫です。

    正直、ノーマルハスラーと比べて特別感のあるモデルなので、多少お金を奮発しても自分が納得したデザインのハスラーが欲しいというのであれば買いだと思います。

    よかったらこの記事を参考にして、お近くのスズキの店へ行って実車を見てみてください。

    お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

    あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

    それ、かなり損しますよ。

    ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

    買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

    私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
    差額がなんと46万円も儲かりました。

    業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

    無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!