スズキ ハスラーにmtターボはあるの?

スズキハスラーにMTターボってあったっけ?

MTターボが欲しいけどハスラーって出さないのかな?

スズキの人気車種の1つとなったハスラーですが、MTターボって結構需要があります。

需要があるなら供給は?という事でハスラーのMTターボの有無についてお伝えしていきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

スズキハスラーのMTにはターボはない

まず、現行のハスラーにはMTはありますが、ターボが付いていないエントリーグレードのGとAにしか備わっていません。

しかし、もうすぐフルモデルチェンジされるハスラーなので肝心なのは新型の方です。

でも新型の方もワゴンRをベース車両にしている事からハスラーのMTターボの搭載と言うのは望み薄なのかなと考えています。

ただ、ワゴンRとハスラーではハスラーの方が遊び心が多い車なのは間違いないですし、現行のハスラーにターボが付いているグレードがあるだけに完全に一緒かと言われると疑問が残ります。

あくまでもワゴンRってベース車両にするだけですからそこからアレンジをしてターボにしたりMTを増やしたりという可能性は0ではありません。

新型ハスラーのMTの搭載グレードに関しては下記の記事でもお伝えしているので良かったらそちらも読んでみて下さい。

参考記事:ハスラー 新型にmtはある?リーク情報を紹介

アルトワークスみたいな実績はある可能性は0じゃない

アルトワークス

それを裏付けるようにスズキにはアルトワークスがあります。

アルトワークスエンジンスペックはR06A型のターボ車基本をMTで設計している珍しいタイプの車です。

エンジンスペックに関してはハスラーのGターボやJターボと同じ形式なんですよね。

つまり同じエンジンを搭載しているだけにスズキの車内ではMTにするノウハウは確立されているという事です。

新しく型を作る費用もいらないですからMTを作ること自体はそこまで大変ではありません。

後は需要の有無によってMTターボ車のハスラーが販売されるかどうかが決まるという事です。

ハスラーとアルトワークスの特性の差のせいでハスラーのMTターボは厳しい?

しかし、需要があるとはいえハスラーがMTターボ車を搭載するのはちょっと厳しいのかなと思います。

それがハスラーとアルトワークスの特性の差です。

ハスラーというのはあくまでもキャンプとか海水浴などの遊びに行く時の足というイメージ。

対してアルトワークスは走りの良さや運動性能と言ったドライビングを楽しむための車と言うイメージです。

ハスラーが単純に道具として見ているのに対してアルトワークスは走りを目的としている為の車なんですよね。

この差がそのままユーザーの購入層に反映されます。

ハスラーの場合は道具としてしか見ていないから運転が面倒なMTを必要としないユーザーが多くなるのは自明の理です。

だからスズキとしても沢山作ろうという感じにはならないのだと考えられます。

メーカーも売れなければ作りませんからニッチなMTターボというのは最初から作るつもりなないのだと考えられます。

スポンサードリンク



ハスラーのmtターボは需要がかなりある!口コミ評価を紹介

ハスラーのMTターボってかなり需要があります。

実際、口コミ評価を見てみるとこんな感じです。

上記で紹介したのはあくまでも一部なのですが、SNSや口コミサイトでちょっと「ハスラー MT」とかで検索すると山ほど出てきますよ(´▽`*)

私自身もずっとこれまでMTを乗り継いできたのでMTのターボ車が出てくれるならすごく嬉しいんですけどね。

まあ、そうは言ってもAT全盛の時代ですし、これから自動運転車になろうかっていうこの時代にまだMTの選択肢があるだけでもありがたいのかなーなんて思ったりもしています。

ただ、スズキの場合はアルトワークスがそうであるようにモータースポーツの需要も一定数あるという事を理解している節が見られるので今後訪れるであろうマイナーチェンジのタイミングでMTターボが出たらいいなとも思っています。

MTのターボが欲しい!代替になる車はコレ

かなり需要のあるハスラーのMTターボですが、ターボがない事実は動かせません。

そこで代わりとなる車をいくつかピックアップしてみました。

アルトワークス

アルトワークス

まずは先ほど上記でも比較対象にしたアルトワークスです。

エンジンはハスラーと同じR06A型のインタークーラーターボとなっています。

全長、全幅も変わらないので取り回しのしやすさはどちらも同じです。

ただ、アルトワークスは走りに特化しているので専用にチューニングされていて走りが更に良くなり、加速が向上しています。

走りに関してはアルトワークスの方が断然気持ちよく走れるのは間違いありません。

しかし、室内の広さ、Sエネチャージによる燃費などはハスラーの方が上になるので日常生活の足として見たらハスラーの方に軍配が上がります。

走りのアルトワークス、使い勝手のハスラーとメリットデメリットがハッキリとしているので選ぶ基準は決めやすいでしょう。

ジムニー

アルトワークスがアスファルト路面の走りを重視した車ならジムニーは悪路での走りを重視したモデルです。

エンジンはハスラーと同じくR06A型のインタークーラーターボですが、フレーム、サスペンション、ステアリングダンパーなどとにかく悪路を走る為の装備がこれでもかと充実しています。

国内でも屈指の悪路走破性を誇る硬派な車だけにハスラーとは同じSUVでもその性格はまるで違う物です。

思い切り男性ウケする車で女性ウケはイマイチなので、ハスラーと比べてもいいもんかな?とは思いましたがまあ同じスズキのSUVなんで勘弁してください。

ハスラーのMTターボまとめ

ハスラーのMTターボに関しては残念ながら無いという事なので、どうしてもMTターボが良いのであれば代わりの車を選ぶというのが選択肢の1つかなと思います。

他のメーカーを見てもなかなかMTターボが少なくなってきていますし、ましてや軽自動車のMTターボ車なんて絶滅危惧種です。

しかし、それでもMTを作ってくれていますし、スズキはMTに理解のあるメーカーなので今後、ハスラーのMTターボ化に期待したいと思います。

他にもハスラー関係の記事を書いているので良かったらそちらもどうぞ!

参考記事:ハスラー 新型にmtはある?リーク情報を紹介
参考記事:ハスラー コンセプトモデルの違いを比較!

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。