新型cx-30で車中泊はどう?マットやグッズを紹介する

cx-30車中泊はできるんだろうか?

cx-30だとサイズ的に車中泊はキツイ?

そんな事を考えている方は多いのではないでしょうか?

結論から言いますとcx-30で車中泊は出来ます!

ただ、余裕で車中泊ができるかと言われたらそんな事もなく、ちょっとした問題もあります。

そこで今回はcx-30の車中泊はどのようにしたらいいのか?また、cx-30で車中泊を快適にする為のマットやグッズをご紹介していきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

cx-30で車中泊は可能なのか?


引用:CX-30公式サイト

室内長 1,830mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,210mm

ミニバンなんかと違ってcx-30で車中泊をするのは少し大変ですが、大の大人が車中泊をするのは十分に可能です。

室内長を見てみると1830mmとなっていて一見すると大の大人が足を伸ばして眠る事ができると思いがちですが、そのためには全てのシートを取っ払わないとできないですからね。

車によってはシートアレンジをする事で前座席も後ろ座席も後ろにリクライニングさせて平らを作るという事もできますが、cx-30は後ろへのリクライニングができません。

その為、1,830mmの室内長を端から端まで使って寝そべるという事ができない様になっています。

基本的なスタイルは後部座席を倒して後ろの荷室にマットを敷くという形になるでしょう。


引用:CX-30

運1人とか2人の車中泊なら運転席、助手席に座って思い切り倒してシートの所で寝るって事もできますけど、疲れは取れなさそうですね(;´∀`)

スポンサードリンク



cx-30の車中泊に適したシートアレンジ

cx-30のシートアレンジは後部座席を倒して荷室を広げる様な形になります。


引用:CX-30

先程もお伝えした通り後部座席は後ろにリクライニングする事ができないのでシートアレンジはこのパターンのみになります。

リヤシートを倒した状態の運転席(助手席)から後ろまでの長さは145cmとなっています。

このままでは大の大人が足を伸ばしては寝られませんね(;´∀`)

と、いう事で運転席(助手席)を一番前まで出しましょう。

すると173cmを確保できるので平均的な日本人男性の身長ギリギリの方であれば足を伸ばして寝る事ができるようになります。

思い切り足を伸ばして寝るのは大変かもしれませんけど、少し足をかがめればスペースに余裕ができるので1人だけの車中泊だったら快適に過ごせそうです。

cx-30の車中泊で使える純正アクセサリーおすすめ

cx-30には実は純正で車中泊オプションセットみたいなアクセサリーがありません。

つまり、cx-30は最初から車中泊は想定されていないという事です。

しかし、サイズ的には車中泊をする事はできますし、それに合ったアクセサリーは欲しいじゃないですか。

なので、純正アクセサリーで車中泊に役立ちそうな物をご紹介します。

サンシェード


引用:CX-30

価格 9,900円(税込み)

cx-30専用に作られたサンシェードなのでフロントガラスにピッタリとハマります。

隙間から車内を覗こうなんて不届きな事はできないのでプライベートの保護になりますし、夏の暑い時期に室内が無駄に気温が高くなるのを防いでくれます。

1万円近くするので高いと感じるかもしれませんが、一度買ったらそうそう買い替える物ではないのでしっかりと保護したいという方におすすめです。

赤外線用カットフィルム


引用:CX-30

価格 47,410円(税込み)

個人的には大事なアクセサリーの1つだと考えています。

その名の通り赤外線をカットしてくれるので夏にキャンプに行った時などに室内の温度上昇を食い止めてくれます。

また、赤外線カットなので日焼けやシミ、シワへの対策もなされます。

冬は着込めば何とかなりますが、夏場だとずっとエンジンを点けっぱなしにして寝るというのはマナーとしても地球への影響としても良くありませんから赤外線カットフィルムの様な対策をしないと大変な目に遭います。

cx-30の車中泊グッズやマットを紹介

cx-30で車中泊をする時に厄介になるのが後部座席を倒した時にできる段差です。

その段差をどうやって解消するかで車中泊の快適さが変わりますので、使えそうなマットやグッズを紹介します。

Cemeのエアーベッド

価格 3,630円

⇒Amazonでチェックする

サイズは全長142cm×幅88cm×厚さ45cmとなっています。

つまりサイズ的には前座席を思い切り前に出さずとも後ろに敷けるくらいの大きさだという事です。

もちろん足を伸ばすには短いかもしれませんが、上手く段差にはめるようにすればマットの厚さを利用して段差を埋める事ができるでしょう。

ちなみにこのマットの長さが142cmという事はcx-30の室内幅よりも短いという事になるので横に敷く事もできる利便性が高いマットとなっています。

長いのもありますけど長いのを買って入らなかったら悲しいだけですしね。

NSTILE by NAPOLEX 車中泊用カーテン

価格 3,960円

⇒Amazonでチェックする

フロントガラスはcx-30純正のサンシェードで良いと思うのですが、リヤシート部分はプライベートが丸見えになってしまいます。

そこで欲しいのがカーテンでの目隠しです。

車中泊の社外品のカーテンも沢山ありますが、中でもこちらのカーテンは車を傷つける事なくカーテンを取り付けられるようになっているのが良いです。

こんな感じでcx-30に付いているフックとかにひっかけて利用できるのでわざわざDIYとかで車に穴を空ける必要が無いので安心して利用できます。

cx-30で車中泊をする際の注意点

後部座席の段差をどうするか?

後部座席を倒した時の段差はどうしても残ってしまいます。

気にしないという方もいるかもしれませんが、寝っ転がった時にちょうど背骨の辺りに来てしまう方だと安眠する事はできないでしょう。

基本的にはマットを敷くのがおすすめで、それによって段差を滑らかな形状にするというのが良いでしょう。

一応、Amazonとかを見ると段差を解消するマットもあるんですけど、あくまでも椅子と椅子の間を埋める為の物なのでめちゃくちゃ沢山必要になるので敢えておすすめはしません。

防犯対策をどうするべきか

車中泊をしている時に怖いのが防犯です。

単純に車の被害も怖いですが、対人への防犯意識も持っておくべきでしょう。

例えば夜遅くに無闇に出歩かないとか車内のロックはしっかりと行っておくと言った基本的な所を指差し確認しながらチェックするだけでも随分と変わりますよ。

cx-30の車中泊は可能か?マットやグッズまとめ

CX-30の車中泊についてお伝えしましたがまとめると

  • cx-30で車中泊を行うのは可能だけどちょっとキツイ
  • シートアレンジは後部座席を前に倒しすだけでそこにマットを敷くのが基本
  • 後部座席と荷室の間の段差を解消する事で快適な車中泊になる

と言った感じですね。

cx-30の純正オプションで車中泊用のグッズを作っていない事からも分かる通り、車中泊向けとしては作られていません。

デリカやハイエースみたいなミニバンと比べれば圧倒的に車中泊には向いていないのは確かです。

しかし、走りに関してはしっかりと作られていて、グランドツーリングカーとしての能力は良いですからどちらを取るかは人によって変わってくるのかなと思います。

良かったら参考にして下さい。

他にもこんな記事があるので良かったらそちらも参考にして下さい。

人気記事:cx-30 値引きの限界価格と相場、目標額はいくら?

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。