トヨタ ハリアー ハイブリッド 高速での燃費 4WDではどう?

トヨタハリアーハイブリッドの高速道路での燃費と冬場の燃費について解説していきます。

ハイブリッドは4WDですので燃費の面でやや不安がある方はいるはずですので、実際に燃費がどうなるのかハリアーハイブリッドの高速道路と冬場の燃費を解説していきます。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

トヨタ ハリアー ハイブリッドの基本的な燃費

まずは基本となるトヨタハリアーハイブリッドの燃費を見てみましょう。

ハリアーハイブリッドはグレードが4つありますが、基本的にグレード毎の違いは内装や装備の違いだけです。

走行に関する差はなく、燃費も例外ではありません。

全て21.4km/Lとなっています。

実燃費に関しては人によって多少の誤差はあるでしょうが、平均すると14~15km/Lぐらいが実燃費になるみたいです。

グレードによっては総重量が2トンを超える車ですのでハイブリッドでもこんなもんかと思う方が多く、燃費に関しては及第点を与えられています。

運転次第ではカタログ燃費を超える燃費を出した方もいるので、SUVの中では燃費で困るという事はないと思いますよ。

ハリアー ハイブリッド 高速の燃費

ハリアーハイブリッドの高速道路の燃費は18~20km。

ライバル車と比べてたら非常に良い数字だと思うのですが、実はガソリン車が18.1㎞/Lとかいうトンデモナイ数字を出しているんですね。

圧倒的にハイブリッドの方が燃費がいいのかと思ったらほとんど変わらなかったので、少々期待外れかなというのが率直な意見です。

なんで、こんなに差が無いのかというと車重が影響してるのではないかと思います。

今回はELEGANCEで比較したのですが、ハイブリッドとガソリン車の車重は以下の通りとなっています。

  • ハイブリッド車・・・1,770kg
  • ガソリン車・・・1,580kg

ハイブリッドは全部4WDというのが災いになっているのかもしれません。

重さにして200kgも違えば運動性能は大分変りますからね。

ガソリン車も4WDで比較したらまた多少変わったのかもしれませんけど、単純にハリアーを安く買いたいという方であれば2WDで選ぶ方もいるでしょうし、燃費もほとんど差がないとなれば維持費で見たらガソリン車を買うというのも選択肢の1つとしてはアリだと感じました。

【関連記事】
⇒ハリアー ハイブリッド グレードの違いを比較 おすすめ一覧

ハリアー ハイブリッド 燃費 冬

今度は冬場での燃費です。

ハリアーハイブリッドの冬場の燃費を口コミなども含めて平均してみると10~11km/Lとかなり悪い燃費に落ち着きました。

理由としては以下の4つが考えられます。

エアコンが必須

まずは冬場になるとヒーターを必ずと言っていいほど使いますよね。

沖縄とかでハリアーハイブリッドを乗るのならそれほど必要ないかもしれませんが、基本的には冬場は使わないと手がかじかんだりして運転にも支障が出ます。

いくら燃費を良くしたいからと言っても健康を損ねたり、手がかじかんだことによって運転ミスとかあったのでは本末転倒です。

エアコンを使う事によって燃費が悪くなるというのはもう常識みたいな所もあるので、エアコンが燃費悪化の原因の1つとなっています。

暖機運転をしている

冬場はエンジンが冷え切っていて温めるのにも時間がかかります。

エンジンが温まってから本領を発揮するのはガソリン車もハイブリッドも差はありません。

その温める為の時間が冬場はかかるのでより燃料を消費してしまいます。

ちょっと調べてみた所、コンパクトカーですら10分間アイドリングしただけで100㏄ものガソリンが消費されるそうですよ・・・。

それから考えたらハイブリッドとは言え、ハリアーってどれくらいのガソリン消費になるのか考えただけで寒気がします(´・ω・`)

スタッドレスタイヤを使用している

これは雪国等の人だけかもしれませんが、冬場になると路面が凍っている地域の方はスタッドレスタイヤを履きますよね。

スタッドレスタイヤが滑らない理由って一言で言うと「摩擦を増やしているから」です。

なので、それだけ大きな力じゃないと車は動きません。

大きな力を出す=燃費が悪くなるという事ですから冬場の燃費悪化の原因の1つになっています。

安全には代えられないから仕方ないですけどね(;´∀`)

単純に寒いとガソリンが燃えにくい

物凄くシンプルな話ですが、寒いとガソリンが燃えにくくなります。

温度が高い方が燃焼効率が高くなり、上手くガソリンが気化して燃料を噴射できるのですが、寒いとこの動きが鈍くなります。

一言で言うとより大きな力じゃないとエンジンが同じように動いてくれないという事です。

【関連記事】
⇒トヨタ ハリアーハイブリッドの試乗レポートを動画とブログで紹介

ハリアー ハイブリッド 4wd 燃費まとめ

ハリアーハイブリッドの冬場や高速道路での燃費についてまとめました。

基本的には一定の速度で走る高速道路では燃費は良くなりましたが、まさか同グレードのガソリン車とあまり差がないというのはビックリしました。

とは言え、2WDと4WDの差があるので悪路走破性や走行能力はハイブリッドの方が良いですからね。

今回の燃費結果はあくまでも燃費だけを比較したものだと思っておいてください。

また、冬場の燃費は基本的には悪くなります。

人間と同じように暑すぎず、寒すぎずの季節の方が燃費も良くなりますからね。

少しでも燃費を良くしたいという方はコチラの記事で紹介している燃費改善方法を試してみて下さいね。

⇒ハリアー ハイブリッドの燃費を向上運転とグッズ

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!