ヤリスクロス 後部座席

ヤリスクロスの後部座席って乗り心地はどうなのか?リクライニングはできるのか?

ヤリスクロスを買おうと思っている方は運転席だけでなく、後部座席も気になりますよね。

そこで、この記事ではヤリスクロスの後部座席の乗り心地について評価します。

この記事でわかること
  • ヤリスクロスの後部座席の乗り心地について
  • 後部座席に対する世間の口コミや評価
  • リクライニングの有無

この記事を最後まで読むことでヤリスクロスの後部座席が良いものかどうかわかるので最後までチェックしてくださいね。

ヤリスクロスの後部座席の乗り心地ってどうなの?

ヤリスクロスの後部座席の乗り心地に関しては広さと椅子の造りによって評価が異なります。

そこで、この項ではヤリスクロスの後部座席に限定した総合的な評価をすると共に世間の評価もご紹介します。

ヤリスクロスの乗り心地を評価

ヤリスクロスの後部座席の乗り心地は可もなく不可もなくと私は評価します。

と、言うのも前方の座席と比べて後部座席は作りがシンプルでホールド性が高い物ではないものの座り心地は十分な固さだからです。

実際に見て頂くと↓のようになります。

背もたれの部分はややホールド性があるようになっていますが、座る部分に関しては平べったい椅子のようになっています。

従って、ヤリスクロスがコーナーを曲がる時などは右に左に振り回されるので、乗り心地が良いとは言えません。

一方で椅子の固さはやや固めの作りになっていますが、固すぎて気になるということはありません。

しかし、何時間も座っていると腰が痛くなってくるだろうなという造りになっていました。

以上のことからヤリスクロスの後部座席は可もなく不可もなくというのが一番しっくり来る評価かなと私は思っています。

後部座席の固さに関しては人によって感じ方が違うので、気になる人はクッションなどを用意すると良いですよ。

足元がちょっと狭い

後部座席の足元に関してはちょっと狭いですね。

実際に見てみると↓のような感じです。


けっこう足元は狭く、拳2個分くらいだと思ってもらえればイメージがしやすいでしょう。

前方の座席をもう少し前に寄せれば余裕も多少はできるのでしょうが、それでも狭いというのは覚悟しておいた方がいいですよ。

とはいえ、実はベース車であるヤリスと比べるとシートの高さなどの工夫により狭苦しいように感じさせないようにはできています。

拳2個分を広いと見るか狭いと見るかで印象が変わると思いますが、それくらいの余裕はあると覚えておいてください。

ヤリスクロスの後部座席に対する世間の口コミ評価

ヤリスクロスの後部座席に関しての評価は「後部座席が狭い」で統一されていましたね。

後部座席の乗り心地に関してはあまり評価している人は少なかったですし、むしろ「良い」と言っている人がいました。

つまり、これは乗り心地に関しては「特に気にならない」と思っている人が多い裏返しだと言えるので、不満に思うことはなく、満足できる人は多いでしょう。

一方で「狭い」とツイートしている人はかなり見かけたので、私以外の多くの人から見ても狭いんだなと実感しました。

関連記事:ヤリスクロス ベージュツートンの評判!かわいいと人気なの?

後部座席のリクライニングはできない

ヤリスクロスの後部座席に関してはリクライニングができません。

↓の角度の状態でキープされています( ̄▽ ̄;)

ヤリスクロス 後部座席
引用:ヤリスクロス公式

座席面自体はやや後ろに傾いてはいるものの、座席面と背もたれの角度はほとんど直角に近い状態です。

寝っ転がってリラックスをするというのが難しい状態なので、この辺りもロングドライブには不向きなのかなーって思っています。

ヤリスクロスの後部座席は3人乗りで横にフラットな状態ではあるので、寝っ転がりたい所ですが、それをやると後部座席シートベルト違反になってしまいますしね・・・(´・ω・`)

しかし、乗り心地自体が悪い訳ではないので、10~20kmくらいの近場ドライブであれば問題にはならないでしょう。

関連記事:ヤリスクロス 燃費を予想する

ヤリスクロスの後部座席の乗り心地評価まとめ

ヤリスクロスの後部座席は座り心地に関してはそれなりに乗り心地は良いですが、ホールド性が低かったり、足元が狭かったりで不便に感じる可能性があります。

また、リクライニングができないので、長時間のドライブに不向きだと言えるでしょう。

前座席の方はしっかりとしたシートで、乗り心地が良いので、乗る人が自分だけか配偶者だけという場合であれば使いやすい車だと言えますが、ファミリーカーとしてはやや物足りなくなるかもしれません。

しかし、ヤリスクロスは後部座席ではなく、走行性能や燃費といった走りに関する面に魅力があるので、そこと天秤にかけて購入検討をしてみてください。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!