グランエースで気になる事の1つが何人乗りなのか?という事。

6人乗りなの?8人乗りなの?とグランエースを購入する予定の方は大事な事です。

6人乗りと8人乗りでは使い勝手が変わってきますからね。

結論から言いますとグランエースは6人乗りと8人乗りの2パターンでの発売と発表されています。

しかし、具体的に違いはどこなの?と言われたら疑問ですよね?

なので、グランエースの6人乗りと8人乗りでは違いがどこにあるのかを考察してみたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

グランエースは何人乗り?

グランエースは3列シートの6人乗りと4列シート8人乗りの2タイプを設定しています。

その内、6人乗りの方は一般に対しても東京モーターショー2019で発表されたので実車を見たという方も多いのではないでしょうか。

私も実際見てきて

自分(左)

マジでデカい車だな・・・Σ(゚Д゚)

ってなりました。

それにYouTubeではメディア、一般問わず動画を挙げている方が多いですから東京モーターショー2019に行けないけど動画ではもう見たよーって方もいると思います。

しかし、8人乗りのグランエースの方はまだ実車が公開されてはいませんので、メディアからの情報を元に推察するしかありません。

でも、8人乗りグランエースが出るという事が分かっているだけでも用途や価格で選ぶ事ができますし、それに対して用意もできるのは大きいと思います。

スポンサードリンク



グランエースの6人乗りは超豪華な造り

グランエースの6人乗りは3列シートになっているのですがそれでも魅力的な作りです。

まずは下記の動画をご覧ください。

2列目のシートはもちろんですが、3列目のシートも2列目のシートと同じものを使っているのでゆったりと乗れる様になっています。

他の車だと、3列目シートがあってもオマケの様な形状をしているので座り心地まではあまり良くないというのがお決まりでした。

アルファードですら例外ではなく、アルファードの3列目シートは以下の様な形となります。


引用:https://car-me.jp/usedcars/articles/12926

2列目の様に独立したシートではなく、オットマンシートでもないので足をグンと思い切り伸ばすようなこともできません。

かなりの差があるシートと言わざるをえません。

でも、これってアルファードが悪いのではなくて他の車も似たような感じなんですよね。

ミニバンでは無いですがRAV4とかも結構大きい車ですけど、後部座席は独立シートどころかよこに長いタイプのシートですしね。


引用:RAV4

これらの事を考えるとグランエースの3列目シートはすごく豪華な造りであって、確かにVIPを乗せる為に作られたというコンセプトが納得できる出来だと思います。

グランエースの8人乗りを予想する

グランエースの8人乗りは6人乗りのシートとは違う造りになる様です。

マイナビニュースによると下記の様な文言があります。

「G 4列仕様シート」というグレードは、リアシートの1列目は前述の3列仕様と同じだが、2列目は「マニュアルキャプテンシート」となる。

リアの3列目は「チップアップシート」で、荷物を積みたい時には座面を折りたたみ、前のシートの後ろにぴたりと付けることでスペースを生み出せる。

引用:https://news.mynavi.jp/article/20191009-toyota-granace/

東京モーターショー2019で公開されたグランエースは6人乗りの車だったのでまだ、8人乗りグランエースがどうなるのかはあくまでも予想の範疇を出ません。

しかし、シートに関しては6人乗りグランエースよりもチープな物になるのは避けられそうもありません。

気になるのは2列目の「マニュアルキャプテンシート」と3列目の「チップアップシート」ですね。

何だこれ?と思って調べてみた所、それぞれこんな感じだと分かりました。

マニュアルキャプテンシートとは

キャプテンシートとは一言で言うと左右が独立したシートの事を指します。


引用:アルファード

つまりグランエースの2列目シートもキャプテンシートになるのですが、わざわざ2列目と3列目を分けたような書き方をしているので2列目と比べて3列目のシートは少しチープな作りの椅子になるのかもしれません。

装備品が少し減るくらいだとは思うのですが、できればオットマンはそのまま残してほしいなと思います。

6人乗りだろうが8人乗りだろうがグランエースはVIPを乗せる為の車でしょうからキツキツの状態にするとは考えにくいです。

しかし、8人乗りだと4列目にもスペースを割かないと行けないので椅子を少し小さくしたキャプテンシートになるのでしょう。

チップアップシートとは

チップアップシートとは椅子が畳めるようになっているシートの事です。


引用:https://221616.com/car-topics/20091009-a67739/

畳み方は様々ですが、シートを畳む事によって荷室を広く使う為の仕様なので、どうしても造りはキャプテンシートなどと比べれば質感や豪華さなどは落ちます。

どういう風に畳めるのかまでは不明ですが、同じトヨタのヴォクシーを見てみると同じ感じで畳めるのかななんて思ったりしています。

もし、同じように畳めるのであれば3列目のシートをグンと後ろに寄せてスペースを確保する事もできますし、6人乗りと同じように使えるのではないでしょうか。

そうなれば大は小を兼ねるの諺の通り、8人乗りのグランエースを買えば普段は6人乗りとして使え、いざとなったら8人乗りとして切り替えるなんて事も可能になるのかもしれませんね。

グランエースの8人乗りと6人乗りはどっちがいいんだ?

グランエースの8人乗りと6人乗りがどっちがいいのか?と言われたらまだわかりません。

6人乗りは今の所、東京モーターショー2019で発表されましたが、8人乗りはまだ実車を発表していませんからね。

なので、比較対象が揃っていないのでまだ何とも言えません。

ただ、6人乗りグランエースの3列目シートまでしっかりと作りこまれていて、更にゆったりとしたスペースまで確保されている所を見るともしかしたら6人乗りの方が豪華さでは上になるのかもしれません。

8人乗りグランエースの方で3列目、4列目シートがスペースの関係上でややチープな物になるのであれば乗車人数では上になりますが、「頑張ってたくさん人が乗れるようにしました」感はぬぐえないでしょうからね。

なので、とにかく豪華さを重視したいという方にとってはグランエースは6人乗りにした方が良いなんて評価になるかもしれません。

まあ、あくまでもまだ予想ですけどね(;´∀`)

グランエースの8人乗り、6人乗りの違いまとめ

グランエースの6人乗りに関しては全てのシートがキャプテンシートでしかも2列目も3列目も同じ造りで豪華絢爛だと言えるでしょう。

8人乗りに関してはまだ不透明な部分も多くて評価はできません。

しかし、6人乗りの物よりかはシートがチープな物になる可能性があります。

その辺りを踏まえて購入を考える様にするのがグランエースの買い方になるのかなと思います。

もっとしっかりとした情報公開を楽しみにしましょう。

人気記事:グランエース 値引き相場と限界価格

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。