グランエースの人気色とカラーバリエーションランキング

グランエース人気色ランキング一覧!

グランエースが欲しいけど人気色はどれでカラーバリエーションはどれくらいあるんだろう?

と疑問の方もいるでしょう。

グランエースをいざ買おうとなった時に色は悩む事の1つですもんね。

そこで、この記事ではグランエースのカラーバリエーション一覧と人気色をランキングにしてお伝えしていきます。

また、外装の色と合わせて内装についてもカラーバリエーションとその特徴をご紹介していきます。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

グランエースの人気色ランキング

  1. ホワイトパールクリスタルシャイン
  2. ブラック
  3. グレーメタリック
  4. シルバーメタリック

グランエースの人気色ランキングの堂々1位はホワイトパールクリスタルシャインでした!


引用:https://toyota.jp/granace/

私としては予想はメインカラーにもされている黒が1位になるのかな?とか思っていたんですけど、実際はオプションカラー扱いになっている白が1位になってビックリしました。

何故だ?と思って調べていたのですが、こんなツイートがありました。


これを見て「あーそうか!忘れてた!」ってなりました( ̄▽ ̄;)

グランエースは元々がホテルなどの送迎車両として開発されていますし、一般以外にもビジネスで購入する顧客もいます。

そういう人たちが白タクみたいに利用するから白が売れると考えたら納得です。

2位に輝いたのはグランエースのカタログ色でもあるブラック。


引用:https://toyota.jp/granace/

画像からも分かる通り、夜の都心を走っていたら迫力あってカッコいいでしょうね。

東京モーターショー2019で出展された時も黒でしたし安定感がある色です。

ラグジュアリー感を活かしたいというのであれば黒一択でしょう。

正直、人気色は白と黒がぶっちぎりという感じでシルバーやグレーは「汚れが目立ちにくい色にしたい」という人向けの色になっています。

グランエースのカラーバリエーション一覧

グランエースのカラーバリエーションをご紹介します。

色は全4色と少々寂しいかもしれませんがベーシックな色で飽きの来ない色が揃っています。

老若男女問わず使いやすい色なのでご紹介します。

ホワイトパールクリスタルシャイン


引用:https://toyota.jp/granace/

どんな車であっても一定の需要があり、人気色になっているホワイトです。

ちなみにグランエースの唯一のオプション色となっていて別途33,000円かかります。

メーカー問わずホワイトパールはオプション色になっている事は多いので特別高いという感じはしませんね。

オプション価格 33,000円(税込み)

ブラック


引用:https://toyota.jp/granace/

個人的に最もおすすめするのがブラックです。

グランエースはラグジュアリー感を前面に押し出している車ですからトコトン高級感を感じさせる車であるべきだと私は考えます。

色彩効果を考えると高級感を感じさせる色は黒なので、黒が私は一番良いと思います。

市場ではホワイトに1位を明け渡していますが、黒も2位に来ていますし何よりオプション価格が付かないのも嬉しいポイントです。

ホワイトにかかるオプション価格の33000円があったら結構いいアクセサリーとかが買えちゃいますからね。

グレーメタリック


引用:https://toyota.jp/granace/

黒や白ほど手入れはしたくない、さりとてシルバーはなんかイヤという方はグレーが良いですね。

黒程では無いですが、高級感を感じられます。ただ、小傷や汚れもそこそこ目立ちますので注意は必要です。

よく言えば手がかからない、悪く言えば器用貧乏と言った感じですが大外れする様な色ではないので安心感があります。

シルバーメタリック


引用:https://toyota.jp/granace/

残念ながら最下位に甘んじてしまったのがこのシルバーです。

グランエースは元々ホテルや旅館の送迎用に開発されていた所を希望の多さから一般向けにも販売されています。

言い換えると商業色が強い車なんですね。

そこへ来てシルバーとなると一層、商業感が出てしまうのが痛いのが人気が低い理由になってしまっているのかもしれません。

事実、SNSではこの様な口コミもありました。


ただ、そうは言っても無難な色で汚れも目立たない色ですから利用しやすい色です。

黒や白は雨垂れなどを常に気にしなくてはいけませんし、ファミリーカーならともかくラグジュアリー色の強い車で白や黒の管理はかなり大変なので手入れを少しサボりたいという方にはおすすめできます。

グランエースの内装色の特徴と注意点


引用:https://toyota.jp/granace/

グレードによって選べる内装色が違う

グランエースの内装色ってどんな感じなんだろうと思っている方にちょっと注意してほしいのがグレードによって選べる色が違うという事です。

詳しくは後述しますが、価格が安いGグレードは2パターン、価格の高いプレミアムは2×2の4パターンから選ぶ事ができます。

なので、特定の組み合わせが良いという方はグレード選択を間違えない様にする必要があります。

Gグレードは天井色がフロアマージュで固定でシートカラーを選べる

エントリーグレードであるGグレードは天井色はフロアマージュで固定され、シートを黒かベージュかで選ぶ形になります。


引用:https://toyota.jp/granace/

なので、シートと色を合わせるのであればシートカラーはベージュにするのが一般的という事になります。

とは言え、シートが黒だからと言って変と言う訳でもなく、センターコンソールやダッシュボード周りなどは黒で統一されますから違和感らしい違和感はありません。

むしろ天井がベージュになる事で車内が明るい感じにするのには一役買っているので黒を選ぶのもアリだと思います。

でも、上から見下ろすような形だとシートがベージュの方が違和感があるくらいです( ̄▽ ̄;)


引用:https://toyota.jp/granace/

プレミアムは天井色をブラック or フロアマージュから選べる

価格が30万円高いプレミアムの方はシートカラーだけでなく天井色もブラック or フロアマージュから選べます。

なので、2×2の4パターンから選ぶ事ができるのでGグレードよりもより好みに近い色を選ぶ事ができます。

特にシートが黒の場合は全部黒が良いという方も中に入るでしょうからそういう風にしたい方はプレミアムグレードしかありませんからね。

シートの素材自体は両方とも変わらずに本革となっています。

グランエースの人気色、カラーバリエーションまとめ

グランエースのカラーバリエーションと人気色についてまとめましたが、グランエースの特性を考えるとある意味当然のランキングになったのかなと思います。

個人的には黒に惚れ込んでいるので黒贔屓の記事になってしまっていますが、色で後悔したくない方はこの記事を参考にしつつも自分の目で見て選ぶのがベストなのは間違いありません。

この記事がグランエースの購入の参考になったら幸いです。

人気記事:グランエース 値引き相場と限界価格

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!