FJクルーザー

FJクルーザーを買おうと思っているけど、中古だからどれくらい走れるかわからない・・・。

走行距離の限界がどれくらいなのか知りたい!という方は少なくないのではないでしょうか。

FJクルーザーは中古車でも高いので、失敗の買い物がしたくないという気持ちはよくわかります。

そこで、この記事はFJクルーザーの限界走行距離がどれくらいなのかについて解説します。

この記事でわかること
  • FJクルーザーの限界走行距離
  • コスパ面を考えるとどれくらいが限界走行距離なのか
  • FJクルーザーを買う時の注意点

この記事を読めばFJクルーザーの走行距離について迷うことはなくなるので、最後までチェックしてください。

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

FJクルーザーの走行距離の限界は?

FJクルーザー

FJクルーザーの走行距離の限界はどれくらいなのか?そんな疑問をまずは解決します。

初めて知る方にとってはけっこう意外な結果と思われるので、理由と合わせて解説します。

FJクルーザーの場合は距離で限界は決められない

実はFJクルーザーの限界走行距離というのは距離で決められるものではありません。

なぜならFJクルーザーはかなり頑丈でちょっとやそっとでは壊れないようにできているからです。

例えばフレームはラダーフレームを採用しているので、ちょっとやそっとの乱暴な運転ではビクともしません。(車体が凹むことはあるでしょうが)

下記のTwitterの方も同じような事を感じていますね。


FJクルーザーに限らずトヨタの車は全般的に頑丈ですが、FJクルーザーに関しては特に頑丈と私は考えているので、単純な距離で考えられるものではないですよ。

少なくとも15万キロは問題ない

どうしても距離の目安が欲しいという方は15万キロを目安にするといいでしょう。

15万キロであればほぼ壊れないくらいに作られているからです。

実は国内のエンジン耐久性は10~15万キロを想定して作られているので、10万キロ程度であれば壊れる兆しすら出てこないものなんです。

定期的なメンテだけで20万キロは当たり前のように乗っている人がゴロゴロいるくらいですからね。

もちろん、メンテナンスをサボっているとかめちゃくちゃな使い方をしているとか極端な乗り方をしていれば10万どころか5万キロ程度で壊れてしまいますが、普通に使われているFJクルーザーなら10万キロは全く問題ありません。

従って距離の目安が欲しいという方は15万キロを1つの目安にするといいでしょう。

普通にメンテナンスをしていれば永遠に乗れる

上記で「15万キロを1つの目安にするといい」と書きましたが、正直、メンテナンスをしていれば永遠に乗り続けられます。

FJクルーザーの消耗品であるオイルやベルト関係、タイヤといった物が消耗⇒新品に交換としていくことで新品の車のような快適さが得られるからです。

例えばタイヤは溝がすり減ってきたら買えないとバーストの恐れがありますが、新品に交換すればまた交換前と同じ期間を乗り続けられます。

FJクルーザーはフレームにラダーフレームを採用しているので車体その物が頑丈ですからフレームが歪んで乗れなくなったということも少ないです。

このように消耗品を交換しつつ、キチンとメンテナンスをしていれば永遠に乗り続けられるのがFJクルーザーです。

関連記事:ランクル300の納期って早まる?最新情報を解説

メンテナンスから見たFJクルーザーの限界走行距離

FJクルーザー

引用:https://www.flexnet.co.jp/landcruiser/fjcruiser/fjcruiser-articles/post-14837

上記でメンテナンスさえしていればFJクルーザーは永遠に乗り続けられるとお伝えしましたが、コスパに見合わないということもあります。

この項ではコスト面から見る限界走行距離について解説します。

10~15万キロを限界と見るのがコスパが良い

結論から言えば10~15万キロを限界走行距離とみて手放すのが一番コスパがいいです。

なぜなら10~15万キロあたりでめったに替えない高額パーツの寿命が来るからです。

FJクルーザーの場合、具体的には以下の3つです。

  • ラジエーター
  • エアコンコンプレッサー
  • オルタネーター

この3つはかなりの高額パーツで安くても5万円くらい、高いパーツになると周りの付属品含めて20万円以上になることもあります。

もし、まとめて交換しなければならなくなったら安い中古車が買えてしまうくらいの修理費になることもザラです。

従って、コスパを考えれば10~15万キロを目安に乗り換えるのがいいでしょう。

10~15万キロを超えると売値も安くなってしまう

10~15万キロを限界走行距離と見る理由は売値にもあります。

10万キロを超えるといきなり売値がガクッと下がってしまうからです。

売値は走行距離を1つの目安にしているので、どうしても売値が下がるのは避けられず、FJクルーザーも例外ではありません。

関連記事:fjクルーザーは買って後悔した?評価した

FJクルーザーを買う際の注意点

FJクルーザー購入時の注意点

FJクルーザーを買う際の注意点はだんだんと交換パーツが減っていくことです。

FJクルーザーは2018年の1月をもって生産中止になってしまった車。つまり、もうパーツは減っていく一方になるので、修理費が高くなるかもしれません。

例え新型のFJクルーザーが出たとしても既に販売終了した車との互換性があるとは限りませんから、今はそれほどの高額でなかったとしても、いずれパーツは貴重品になっていくでしょう。

パーツが貴重品になれば修理費も高くついていくことになるのは間違いないので、維持費が高くなるというリスクは覚えておくようにしましょう。

FJクルーザーの走行距離 限界まとめ

FJクルーザーの限界走行距離についてまとめると以下のようになります。

  • 故障の面から見れば15万キロは問題ない
  • メンテナンスやパーツ交換をしっかりすればずっと乗っていられる
  • コスパの面から見ると10~15万キロを限界と見るのが良い

FJクルーザーはラダーフレームを採用しただけあって車としての耐久性はかなり高いです。

それ故に維持費は多少高くつきますが、限界走行距離は長いので、長く使い続けられる愛車となってくれますよ。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!