車って浸水したらどこが壊れるんだろう?

車が浸水してしまったけどぱっと見は壊れるように見えないから大丈夫かな?

大雨で河川が氾濫して車が浸水してしまった方はこんな疑問があるのではないでしょうか。

結論から言いますとその車は壊れていると思って間違いありません。

ヘタにエンジンを点けたりすると事故につながって大ケガをする可能性すらあります。

この記事では具体的に浸水した場合、どこが壊れるのか?また、壊れた後、修理するべきなのか?それとも処分するべきなのか?について解説します。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

浸水した車を使おうとすると大怪我します

結論から言いますと、一度浸水してしまった車を使おうとすると大怪我をする可能性があります。

いや、怪我で済めば良いですけど最悪の場合は命を落とす可能性すらあるので、絶対に浸水した車を使わないでください。

理由としては浸水した車というのは一見すると乾けばそのまま使えそうに見えますが、内部は電気の塊なのはご存知の通りです。

つまり、水を通してショートしたり、爆発する可能性があるので、エンジンを付けるのがものすごく危険なのです。

仮に事故が起きなかったとしても浸水する前と比べてパワーが出にくくなったり、使えたはずの機能が使えなくなったりと車としての満足な機能が得られません。

性能が落ちて、いつ爆発するか分からないという爆弾を積んで走るような物なので、絶対に浸水した車のエンジンを付けないようにしましょう。

スポンサードリンク



車が浸水したら本当に壊れるのか?

そうは言っても浸水した車って本当に壊れるのか疑問に感じる・・・。

具体的にどこが壊れるの?という方もいるでしょう。そこで、この項では浸水した車のどこが壊れるのかについて解説します。

浸水したら車のどこが壊れるの?

どこまで浸水したかによりますが、浸水によるダメージが大きいパーツは以下の箇所です。

  • エンジン
  • 電装パーツ類全部
  • 金属類

言ってしまえば車で使われるパーツのほとんどだということです。

シートやドアトリムのような布やプラスチック製のパーツであればまだダメージは上記のと比べれば少ないですが、それでも水に浸かり続ければ臭くなるし大変です。

一見して壊れてなくても浸水による車のダメージはある

浸水した車というのはぱっと見では壊れているように見えないことがあります。

しかし、確実に浸水によるダメージは残っていて、実際に動かしてみようとしたら動かない、事故が起きるということになりかねません。

また、浸水した水というのは多くの場合が下水や雨水といった汚い水です。

汚い水が車のあちこちに入り込んだら乾いたとしてもカビや細菌は繁殖してしまい、悪臭がしてしまうでしょう。

車が浸水した場合で壊れたらどんな症状が起きるのか?

車が浸水して壊れたら具体的にどのような症状が起きるのかについて解説します。

エンジンが動かない

一番問題となるのがエンジンが動かなくなる事。

エンジンが動く仕組みはガソリンと空気の混合気体が圧縮してピストン運動をすることで動いています。

しかし、水は圧縮できません。圧縮できない水を無理矢理圧縮しようとするので他の部分にしわ寄せがいって壊れてしまうのです。

更に電気系統がエンジン内部には張り巡らされているので、回線ショートの原因にもなるので、最悪の場合は発火する可能性もあります。

電気系統関連パーツが動かない

電気に水は大敵です。浸水して電気系統が水に浸かってしまう事で電気系統関連パーツが動かなくなります。

動かなくなるだけならまだマシですが、水は通電しやすいので感電や発火に繋がる可能性すらあります。

特に海水に浸かってしまった場合は普通の水よりも通電しやすいので、感電や発火の可能性は更に高くなるでしょう。

近年の車はパワステ、パワーウインドウ、シート等、あちこちに電気を使っています。

従って、浸水してしまった場合はまず電気系統のダメージは免れることができないと考えておきましょう。

部品の劣化

車が浸水するとあらゆるパーツが錆びて劣化します。

車は電気系統だけでなく多くの金属を使用しています。もちろん、プラスチックを使っている箇所もありますが、多くは金属部分が多いので、浸水したら必ず劣化します。

しかし、「車は雨に濡れるのに錆びないでしょ?」と思う方もいるかもしれませんね。

確かに車は雨に濡れる物ですが、それはカラーリングすることによって金属をコーティングしているから錆びないのであって仮にカラーリングが無かったら確実に錆びます。

つまり車の外側は雨に強くても内部が強いわけでは無いのです。

浸水したら水が内部にまで入ってしまい、酸化して全てのパーツが劣化すると考えておいてください。

車内が臭い

車が水没して内部に水が浸水したら車内が臭くなります。

何故なら、汚水や海水が入ることによって細菌やカビが発生してしまうからです。

浸水した水というのは多くの場合は汚水で下水の水だったり海水だったり清潔な真水ではありません。

その水が車の内部に溜まってしまったら排水しない限り臭いままですし、排水できたとしても掃除をしないとカビがそのまま繁殖してしまうので、臭いままです。

掃除するのは非常に大変で、個人で掃除ができるレベルではないほどです。

車が浸水してしまった場合の対処方法!

車が浸水してしまった場合はそのままにしてはいけません。

修理するにせよ、そのまま処分するにせよ、必ず誰かに見せないといけません。

ここでは車が浸水してしまった場合の対処方法について解説します。

ディーラーに持っていくとどうなる?

ディーラーに持っていくと良くて修理、悪いと処分を提案されます。

浸水というのは状態によっては事故車扱いにされるくらいの重い症状です。

つまり、事故を起こした車と同じ扱いになるので、修理をするか処分という思考にディーラーはなるのです。

故障の修理をディーラーで行うと純正部品での交換になるので修理費はかなりの割高になります。

同様にディーラーでの下取りもかなり安い金額で買い叩かれます。

お金を損することになるので、ディーラーに浸水車を持ち込むのはおすすめしません。

おすすめは車買取業者で買い取り

浸水した車を処分するなら車買取業者で処分するのがおすすめです。

しかし、普通の車の買取業者ではかなり安く買いたたかれるので、故障車、水没車を専門に買取している業者に買取してもらうようにしてください。

故障車専門の買取業者とそれ以外の買取業者では状態によっては数十万円単位で買取価格が変わります。

本当だったら50万円で買い取ってもらえたはずなのに別の業者に頼んだら10万円の値段しか付かなかったとかは嫌ですよね?

なので、浸水した車を処分をするつもりなら故障車専門の買取業者に頼むようにしましょう。

ちなみに私は下記のサイトを利用したのですが、●●カーオークションで5万円と言われた車を28万円で買い取ってくれました。

⇒水没した私の車を一番高く買い取ってくれたサイト

少なくとも他のサイトと比べて、一番高値で買い取ってくれますよ

修理をするなら修理工場に持って行こう

修理をする場合は修理工場に持っていくようにしましょう。

普段から車検をお願いしていたり、かかりつけの修理工場があるならそこにお願いするのがいいでしょう。

近くに修理工場が無い場合はオートバックスやイエローハットの様な大手チェーン店に頼むのもアリです。少なくともディーラーよりは価格は安くなります。

代替パーツが純正ではないかもしれませんが、ジェネリック医薬品みたいに純正じゃないというだけでパーツとしては高品質な物なので、問題ありません。

浸水した車は早く処分しないと買取価格が落ちる

浸水した車を処分がおすすめなのはもちろんですが、処分すると決めたらできるだけ早く処分しましょう。

そうしないと買取価格はドンドン落ちますよ。

上の方でもお伝えしましたが、浸水した車は中に水が入り込んでカビが生えたり、臭くなったりします。

時間が経てば経つほど悪化しますから買取価格もドンドン落ちるんですよ。

今日、20万円で売れたハズの車が来週査定したら10万円でしか買い取ってくれなくなったなんて事にもなりかねないので処分すると決めたらできるだけ処分してしまいましょう。

⇒水没した私の車を一番高く買い取ってくれたサイト