cx-30 サイズを比較!最低地上高や高さ寸法、大きさまとめ

cx-30のサイズはどれくらいなのか?今まで販売されているライバル車と比較して大きさはどれくらい違うんだろう?

結論から言いますとcx-30サイズは非常に使い勝手のいい大きさとなっています。

私自身、実際にcx-30とライバル車のサイズを並べてみるまでそのサイズのバランスに気づけていませんでした。

どれくらいcx-30はサイズ感の良い車なのかをこの記事ではお伝えしていきます。

この記事でお伝えする事
  • cx-30の全長、全幅、全高、最低地上高、室内の大きさ
  • cx-30のライバル車とのサイズ比較
  • cx-30の最低地上高と高さ設定のメリット

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

cx-30 サイズ、寸法、最低地上高等はこうなっている


引用:CX-30公式

全長、全幅、全高

全長 4395mm
全幅 1795mm
全高 1540mm

まずはエクステリアのサイズ、寸法から見ていきましょう。

SUVとしてはかなりコンパクトなサイズでまとまりがあります。なんでも世界で最も美しいSUVを作るとマツダが意気込んで作られた車がこのcx-30だそうです。

なので、サイズも大きすぎずに取り回しがしやすく、ちょうどいいサイズになっていると思います。

東京みたいに道路が狭いような地域でも使いやすそうです。

室内長、室内幅、室内高

室内長 1,830mm
室内幅 1,490mm
室内高 1,210mm

室内長はかなり広めの1830mmとなっていて横も1490mmとゆったりスペースになっています。

その為、後部座席もゆったりとしているので足を置く場がないようなキツキツの状態になる事はないのが嬉しい所です。

cx-30の公式サイトで


引用:cx-30公式サイト

と書いていたのは伊達じゃないですね( ̄▽ ̄)

また、圧迫感を感じるかどうかは室内高にかかっていると私は思います。

cx-30はそこもちゃんとわかっていて室内高を1210mm確保しているので少々背の高い方であっても頭を気にすることなく乗り込めるようになっています。

私は身長が173cmなのでよりゆったり感を感じる事ができました。

最低地上高

175mm

コンパクトSUVとしてはまずまずの最低地上高でしっかりと高さを取ってくれているので必要最低限の悪路走破性はありそうです。

もちろんcx-30はランクルやジムニーの様にボディやシャーシ、エンジンに加工を施してガチの悪路走破性を持たせている訳ではありません。

しかし、最低地上高が確保されているというのは悪路走破性の高さの要因の1つなのでそれがしっかりとあるのは評価できます。

スポンサードリンク



cx-30のサイズ、大きさをライバル車と比較する


引用:CX-30公式

cx-30のサイズ、寸法が分かったとしても具体的にどれくらいの大きさなのかは今、メジャーでも持っていないと分かりませんよね。

それに比較対象になるのはやっぱりライバル車です。

cx-30はコンパクトSUVになるのでライバル車と言うと以下の車が代表的な車です。

  • XV
  • CH-R
  • ヴェゼル
  • CX-3

今のご時世、単純にSUVだけでくくったらハリアーだのRAV4だのジムニーまで入ってきてしまうので、もう少しソートをかけてcx-30の価格(約235万円)に近いコンパクトSUVというくくりでピックアップしています。

全長サイズをライバル車と比較する

XV 4,465mm
cx-30 4,395mm
CH-R 4,360mm
ヴェゼル 4,330mm
cx-3 4,275mm

同価格帯のSUVの中ではcx-30の全長は割と大きめの部類に入りますね。

ただ、1位のXVがポンと頭一つ抜き出ているだけで2位のcx-30と4位のヴェゼルまでほとんど差はありません。

30cmくらいずつの差しかないので地方に住んでいる方にはそれほど気にならない差かもしれません。

肝心の都内での使い勝手となると元々似たようなサイズのCH-Rは都内に向いていると定評があります。

なのでcx-30も都内での取り回しはやりやすい車だと言っていいでしょう。

全幅サイズをライバル車と比較する

XV 1,800mm
cx-30&CH-R 1,795mm
ヴェゼル 1,770mm
cx-3 1,765mm

こちらも最大サイズがXVとなりました。こうやって比較するとXVはコンパクトSUVの中でかなり大きめなんだなと分かりますね。

次いでCX-30とCH-Rが同サイズになっています。

この事からCH-Rよりも横は一緒で縦は30cm程長いのがCX-30だというのが分かります。

内装のデザインや装備、馬力はともかくとして運転の取り回しのしやすさはほぼcx-30とCH-Rは同じになるので値引き交渉の時もまず代表として比較対象になるのがCH-Rになるのは間違いないですね。

その下はヴェゼルとCX-3が追いかける形となって順位自体は全長とほぼ変わらないという結果になりました。

全高サイズをライバル車と比較する

ヴェゼル 1,605mm
cx-3&CH-R&XV 1,550mm
cx-30 1,540mm

全長、全幅で小さめだったヴェゼルが1位でした。縦横が小さくて高さがあるって事は重心がやや高めになるって事ですね。

まあ、微差ではある物のほんのちょっぴり走行安定性に影響が出そうな数字です。

CX-30は一番全高が低くなりました。これは立体駐車場を意識したものだそうです。

確かにCX-30は都心でよく見かける事になりそうな車ですから必然的に立体駐車場を利用する機会は増えるでしょう。

いざ、立体駐車場を使おうとした時に高さ制限で入れなかったじゃ評価下げてしまいますからこの高さは正解と言えるかもしれませんね。

いずれにしても1位から最下位まで比較しても高さは65mmしかないので高さは微差かなと思います。

cx-30の最低地上高や高さを考察する

結論から言いますと最低地上高は高く、全高は低いというのがCX-30です。

上記のライバル車との比較でもその様な結果になりましたが、兄弟車であるCXシリーズの中でもバランスの取れたサイズになっています。

このCX-30の最低地上高が高く、高さを抑え気味にしているメリットを考察してみます。

CX-30の最低地上高は高いので悪路走破性は十分

CX-30の最低地上高である175mmというのはSUVとしてはまずまずかなといった所です。

本格的なガチのSUVは200mm越えの最低地上高は珍しくありませんが、コンパクトSUVという事を考えれば低くなってしまうのは仕方ないと思います。

ライバル車であるヴェゼル(185mm)やCH-R(155mm)を考えればCX-30の最低地上高は決して低くないという事がご理解いただけると思います。

CX-30の高さが低く抑えられているのはメリットが多い

cx-30の高さが低く抑えられているのはデメリットよりもメリットの方が多いです。具体的には

  • 立体駐車場を利用できる
  • 走行安定性が良くなる

という事です。

「立体駐車場を利用できる」というメリットについては先ほどお伝えしたので割愛しますが、もう一つの走行安定性が良くなるというのも見逃せません。

サイズ的にはライバル車と比較して縦横はそこそこ大きくて高さは低いですからワインディングなどの回転性能が良くなる事を意味します。

速いスピードで走っていても安定した走りが楽しめるのでドライブの楽しさが味わえると言っていいでしょう。

人馬一体のマツダらしい車づくりだと思います。

cx-30のサイズ、大きさ比較まとめ

cx-30のサイズや大きさについてライバル車などと比較してみました。

比較してみた結果、cx-30は都心で使うのにちょうどいい大きさのSUVだと言う事ができます。

先行してガソリンエンジンとディーゼルエンジンが発売されますが、これはかなり売れる車になりそうなので来年1月発売予定のスカイアクティブXモデルのcx-30が待ち遠しいです。

購入予定の方は予約し忘れない様に気を付けて下さいね。

車の値引きを成功させるいちばんの方法

新車であれ中古車であれ、車を買うときにいちばん値引きに効くのは、いま乗っている車をできるだけ高く売ること。車の売却にはいろいろな方法がありますが、そのなかには賢い方法と、損をする方法があります。

たとえばディーラーへの下取りや、大手買取業者一社に見積もりを取って、そのまま売却するというのは、実は大きな間違い。車を高く売るための最大の秘訣は、複数の買取業者に査定をしてもらい、買取店に競争してもらうこと。

いくつもの買取業者に連絡を取り、見積もりを取るのは手間がかかります。しかし「一括査定サービス」を使えば、必要情報をたった一回書くだけで、自動的に複数業者に査定依頼ができます。

下取りに比べると数十万円高い査定額が出ることも珍しくありません。まずはあなたの愛車がいくらで売れるか調べてみましょう。きっと、あなたの車を高く買取査定してくれる業者が見つかります。