車が買えない貧乏な30代40代でも車を手に入れる方法4選

貧乏で車が買えない・・・でも車は必要だからどうしよう・・・。

30代、40代だけど貧乏だけど田舎だから車が必要・・・。

車は家に次いで高い買い物ですからお金がないとどうしようか悩みますよね。

実は貧乏でお金が無くても車を手に入れる方法はあります。

そこで、この記事ではお金が無くても車を手に入れる方法を4つご紹介します。

この記事でわかること
  • お金が無くても車を手に入れる方法4選
  • まとまったお金が用意できない時にどうするか

この記事を最後まで読めばお金が無くてもあなたに合った車を手に入れる方法がわかりますよ。

関連記事:楽天カーオークションでは売れない?実際はどうなのか評価した

車が買えない貧乏でも車を手に入れる方法4選

中古車で安い車を見つける

最もメジャーな方法が中古車を購入することです。昔からある方法ですが、今でも有効な手段の1つなので挙げておきます。

同じ車でも新車と比べれば中古車の方が安く済むので、そもそもまとまったお金が新車と比べれば必要ありません。

また、中古車は個体や程度によって金額に差がありますし、製造が古い車を探せば10万円からでも買えます。

実際、私も初めて買った車は中古のパジェロミニで、多少のメンテ費用はかかりましたが、トータルで15万円くらいで買いました。

そこから次のロードスターを購入するまでずっとパジェロミニで、4年くらいは乗っていましたからキチンと探せばお金が無くても中古車は買えますよ。

軽自動車を購入する

軽自動車を購入するのも貧乏でも買える有効な方法の1つです。

軽自動車であれば車体価格が普通車よりも安いのはもちろん、税金などの維持費も安く済みます。

例えば自動車税だけを見ても普通車の一番安い金額が2万5,000円なのに対して、軽自動車は一律1万800円です。

これ以外にも軽自動車の方があらゆる点で安い金額になっているので、安く新車を買うのであれば軽自動車一択です。

安く済ませたいけど、どうしても中古車はイヤだというなら軽自動車にするのがいいでしょう。

カーリースを利用する

中古も軽自動車もイヤだという方はカーリースがおすすめです。

カーリースとは車に乗る期間だけ契約して契約期間中は一定の金額で乗り続けられるというサービスで、安く新車に乗れると近年注目を浴びています。

例えばトヨタのヤリスクロスに乗りたいけど、新車も中古車も高くて手が出ない・・・って時にカーリースで契約すると5年間の間はヤリスクロスの新車に月々2万円くらいで乗り続けられるという感じです。

いわゆるサブスクに近いサービスなので、「車のサブスク」とも呼ばれています。

毎月決まった金額を支払うことになりますが、それはローンで車を買う場合も同じなので、普通車の新車に安く乗りたいならカーリースがいいでしょう。

また、別記事でカーリースのデメリットについても話しているので、そちらも読んでみてください。

関連記事:月々1万円で車はデメリットだらけ?カーリースのここがやばい

カーシェアを利用する

自分で車を所有するのにこだわらないのであればカーシェアも選択肢の1つです。

カーシェアはその名の通り車を登録した会員でシェアするサービスで利用感覚的にはどっちかというとレンタカーに近いかもしれません。

しかし、使った分だけのお金を支払えばいいだけなので、そこまで車を頻繁に利用する訳ではないならカーシェアで必要な時だけ利用するのがいいでしょう。

実際、どれくらい安いのかはご自身の目で確認してもらうのが早いでしょうから、気になる方は下記のバナーから値段を確認してみてください。

>>カーシェアの値段を確認する<<

まとまったお金がなくて車が買えない貧乏人はどうすればいい?

車が欲しいと思っても「ある程度まとまったお金がないと結局買えないじゃん!」って思っているのではないでしょうか。

そんな方であって大丈夫な方法はあります。その方法が下記の2つです。

  • カーリースを利用する
  • 今まで乗っていた車を高額で売る

上記の2つはまとまったお金を簡単に手に入れる、またはそもそもまとまったお金を必要としない方法なので、お金に困っている人はどちらかを試してみてください。

カーリースならまとまったお金を必要としない

カーリースならそもそもまとまったお金を必要としません。

それがカーリースのメリットの1つですからね( ̄▽ ̄)

頭金はいらないし、税金や保険もコミコミの値段に全部含まれています。

流石に駐車場代金やガソリン代は自分でなんとかしなければいけないですけど(笑)

もちろん、走行距離制限があったりカスタマイズできなかったりとデメリットもありますが、まとまったお金がなくて車が買えないと悩んでいるならカーリースはアリですよ。

ついでに審査が甘いカーリース業者も下記の記事で紹介しているので、よかったらそちらも参考にしてください。

関連記事:カーリース 審査が甘い会社ランキング!

今まで乗っていた車を高く売って購入資金に充てる

カーリースが嫌なら今まで乗っていた車をできるだけ高く売って購入資金に充てる方法がいいでしょう。

車は元々高額商品ですから車によっては数十万円の価格で売ることができて簡単にまとまったお金が手に入るからです。

しかし、どこで売ってもいい訳ではありません。高く売れる場所を選ばないと50万円近く損をする可能性もあります。

一番高く売れるのは車専門の買取業者です。色んな買取業者がありますが代表的な所は楽天Carオークションとかですね。


⇒【無料】楽天Carオークションで自分の車がいくらになるのか調べる

最悪なのがメーカーのディーラーで下取りで、ここが一番売却価格が安いです。いわゆるトヨタとか日産のディーラーですね。

ディーラーは値引きの代わりに買い取る下取りしかやならかったり、再販ルートの乏しさからどうしても買取業者よりも売却価格が安くなってしまいます。

ディーラーで新車を買うつもりなら面倒くささもないですし、良いかもしれませんが、まとまったお金を手に入れるなら絶対に買取業者一択ですよ。

車が買えない貧乏な人でも車を手に入れる方法まとめ

車を安く手に入れる方法としては従来の中古車購入に加え、カーリース、カーシェアと近年は多種多様なサービスが出てきたので、お金が無くても車を手に入れやすくなりました。

特にカーリースなどは税金やメンテ費用も込みで定額利用できるので、まとまったお金が無くても利用しやすいです。

ご紹介した中から自分に合っていると思えるサービスを利用してみてください。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!