プリウス30系が欲しいけど、不人気色ってどれなんだろう?

そんな疑問を持つ方はいるでしょう。

実はプリウス30系の不人気色は多くのメリットがあるお買い得車です。

不人気色だから敬遠するという考え方もあるでしょうが、この記事を最後まで読めば「プリウス30系の不人気色を選ぶのはアリだ」と考えを改めるかもしれませんよ。

なので、ぜひ最後まで読んでくださいね。

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

プリウス 30系の不人気色トップ3!

プリウス30系の中で不人気色はどれなのか?そのトップ3をご紹介します。

実際、中古車市場などでもこれらの色は数が少ないし、価格も安いことが多いです。

サーモテクトライムグリーン

これは見てパッと分かる通り、派手だからです。

グリーンと名前が付いていますが、場所によっては蛍光の黄色に見えるくらいです。

派手すぎて日常的に乗るにはちょっと・・・って方が多いんでしょうね。

スーパーホワイト2


「白だよ?なんで不人気色なの?」と思いますよね。

実はプリウス30系の白はこのスーパーホワイト2以外にプレミアムホワイトパールという純白のような白があるんです。

白を選ぶ人は基本的にみんなプレミアムホワイトパールを選んでしまい、その結果、スーパーホワイト2を選ぶ人が減ったという訳です。

白のプリウス30系が欲しいけど、できるだけ安くしたいという方はスーパーホワイト2がおすすめです。

ダークブルーマイカメタリック


他の車だと割と人気上位に来るダークブルーですが、プリウス30系だと実は不人気色。

実はプリウス30系は白、黒が人気なのはもちろんですが、エモーショナルレッドなどはパッケージ色でもあるので、それに惹かれて購入した人も多いんです。

そのしわよせが来た感じですね。

サーモテクトライトグリーンと比べればまだ売れているんですけど、全体の中では相対的に不人気色になったという訳です。

スポンサードリンク



プリウス 30系の不人気色を選ぶメリット

プリウス30系で不人気色を選ぶのはかなりメリットが多いです。

具体的にどのようなメリットがあるのかについて解説します。

中古価格が安い

プリウスに限った話ではありませんが、不人気色の車は中古で買おうと思ったら白や黒といった人気色よりも価格が低い傾向があります。

つまり安く買えます。

プリウスはトヨタの主力車であり、多くの人が購入していますし、特に高齢の方が購入するケースが多いです。

だから、奇抜な色ではなくて白や黒といったスタンダードな色を買う人が他の車種よりも多いです。

例えば価格.comで白、黒、赤を除いた色の最高価格と全ての色の最高価格を調べた所、下記のようになりました。

【白黒赤以外】

【全ての色】

倍くらい違いますね(;´∀`)

青は他の車種なら割と人気があるんですけど、プリウスだと高齢者の方が多いから青でも不人気色扱いされて安くなるというのが分かりますね。

他の人と色が被らない

上記でお伝えしたようにとにかくプリウス30系は白と黒がぶっちぎりです。

つまり、他の色を買えばまず他の人と色被りをすることはありません。

白や黒で無難な色でつまらないなーって思っている人からしたらむしろプリウス30系の不人気色こそ他の人と差別化できる車だと思いますよ。

新品に近い状態で購入できる可能性がある

不人気色ということは購入しても乗るのが嫌ですぐに手放してしまう可能性があります。

つまり、年式の割にほとんど乗られていない可能性があります。

乗られていなければ基本的には新品に近い状態ですから中古価格で新古車みたいなプリウスが手に入る可能性があります。

ただし、放置されていたということでもあるので、細かい所が経年劣化している可能性があります。

購入前にはきちんと消耗品をチェックしておくべきでしょう。

色によっては今後流行色になる可能性がある

実はファッションと同じように車の色にも流行色という物があり、時代と共に移り変わります。

車総合サイトのGAZOOでは下記のような記事があるので、一部引用させて頂きます。

たとえば、2014年のBASFのトレンド予測には「アジア太平洋地域は、ブラウンが定着し、温かみのあるカッパー(銅褐色)やグレー系などの情緒的なカラーが人気の傾向」とありました。また、2015年は「バランスのとれた青のバリエーションが出現」、2016年には「中間色のブルーグリーンがトレンド」という予測でした。つまりカッパーとブルー系の人気が予測されていたのです。

そして、つい最近の新型車の色をチェックしてみると、驚くべき事実がわかりました。

今年6月のハイラックスのマイナーチェンジ時のイメージカラーは、ブルー。今年4月にデビューしたRAV4のメインカラーは、薄いブルーグリーンとブルー。

引用:https://gazoo.com/column/daily/19/07/21/

つまり、今は不人気だったとしても流行りの色になる可能性があるのです。

今、ダサいという色だったとしても1年後、3年後、5年後には人気色になっている可能性があるので、価格が安い今の内に購入するというのは良い考え方だと思います。

プリウス 30系の不人気色を選んだ時に起こるデメリット

プリウス30系の不人気色を選ぶメリットは多いですが当然、デメリットも存在します。

ここでは不人気色を選んだ時に起こるデメリットについて解説します。

リセール価格が安くなる

プリウス30系の不人気色だから安く買えるとお伝えしましたが、反対に売る時も安くなるデメリットがあります。

やっぱり需要としては白や黒の方があるから業者としては引き取った時に転売先が多い方が良いに決まっています。

だから売却価格が下がる傾向があるのです。

特にこれはディーラーで下取りしてもらう時などは顕著になります。

ディーラーの転売先は基本的には日本国内に卸して、トヨタの中古車販売として店頭に並びます。

売る相手が同じ日本人なのですから下取り価格が安いのは当たり前です。

しかし、中古車販売店に買い取ってもらえば転売先が海外まで広がるので、不人気色だろうがお構いなしに高く買い取ってくれます。

実際に今、車を持っていて下取りしようかなーって考えている方は楽天カーオークションで検査してみて下さい。

下取りなんか比じゃないくらいの買取価格が付きますよ。

⇒楽天Carオークションの公式サイトはこちら

他の人よりも目立つ

他の人より目立つのもデメリットです。

プリウスを選ぶ人というのは基本的には普通を求める傾向が強いです。

無意識的に他の人と同じであることに安心感を見出す傾向があります。

だから、不人気色を選ぶというのはその反対を進む事ですから買ったはいいけど、色が派手過ぎてあまり乗りたくなくなったなんて考える人がいるかもしれません。

これを避ける為には自分が家の周りでそのプリウス30系を乗り回している姿を想像することです。

家族はもちろん、友達に見られた時に自分がどう感じるかをイメージして、問題なければ大丈夫です。

プリウス 30系の不人気色を安く購入するには

プリウス30系の不人気色を安く購入するなら普通の中古車サイトを使ってはいけません。

なぜなら中古車市場に出回っているプリウスは中古車販売業者に漁られた後の状態の悪いプリウスだからです。

状態の良いプリウスは全部業者に確保されてしまっているんです。

しかし、その業者に回ったプリウスが買える所がズバット車販売です。


⇒無料でズバット車販売でプリウスを探す

ズバット車販売は中古車販売サイトに流れる前の車を確保できている業者なので、中古車サイトで買うよりもはるかに質が良いです。

私も昔、ロードスターを購入した時はこちらで買ったのですが、40万円でめちゃくちゃ質の良い中古ロードスターを買えましたよ( ̄▽ ̄)

払う金額以上のプリウスが手に入って故障に悩むことないプリウスライフが手に入る可能性が高いですからおすすめですよ。

⇒無料でズバット車販売でプリウスを探す