コペン

コペン欲しいけど、コペンは買って後悔するような欠点はあるのかな?

買う前にコペンの欠点を知っておきたい!

軽のスポーツカーという特殊な車だからこそ買う前に欠点があったら知っておきたいですよね。

そこで、この記事では買って後悔しそうなコペンの欠点について解説します。

この記事でわかること
  • コペンは買って後悔する車なのか
  • コペンの欠点
  • コペンを買って後悔しない人のタイプ

中古車を探すときはネットで調べたりしますが、これは一部だけしか見れていないことを知っていましたか?

実は良い車は市場に出回る前に買われてしまうことが多く、あなたがいつも見ているのは中古車市場の【残りかす】のようなものです。

良い中古車を買うためには、良い車は流通前から買われてしまうので、流通前の非公開情報を見る必要があります。

最長10年保証を付けられたり、返品まで対応できる業者もいますので、あなたが中古車選びで失敗したくないならば、非公開車両を見れる中古車屋を使うべきです!

⇒スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

コペンは買って後悔するのか?

うるさい

コペンは車好きなら買って後悔する車ではありません。

確かにコペンは多くの欠点はありますが、その欠点を帳消しにするくらいの走りの良さがあるからです。

ワンボックスやコンパクトカーはどちらかというと人と荷物の運搬のための車ですが、コペンは走りを楽しむための車なので、目的が違う車だと思っておいた方がいいでしょう。


「車に求める物は走りを楽しむこと」と考えているのであればコペンを買って後悔することはありませんよ。

コペンを買って後悔するような欠点

コペンは特殊性の高い車なので万人ウケするような車ではありません。つまり、欠点はあります。

この項ではコペンを買って後悔しそうな欠点について解説します。

荷物が全然積めない

コペンはとにかく荷物が積めません。オープンカーの宿命と言えるかもしれませんが、とにかく積めないです。

どれくらいのスペースが荷室にあるのかというと、だいたいゴルフバッグを1つ積めるくらいです。

コペン 荷室
引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/copen/04_interior.htm

オープンカーにしては割と積める方ですが、ルーフをオープンにしている時はかなり使いにくくなっています。

また、車内空間も後部座席が無い関係上、狭いので車内に荷物を入れるというのも大変です。

定員が2人だけ

定員が2人だけというのもコペンの欠点の1つです。

スポーツカーによくある後部座席が申し訳程度にあるということではなく、全くありません。物理的に2人しか座れないのです。

基本的に1人で乗るのがスポーツカーなので、誰か他の人を乗せる機会が多いという人は買うのをやめておいた方がいいでしょう。

リクライニングができない

実はコペンはリクライニングができません。

後部座席のスペースは屋根を格納するためにあるので、リクライニングできるスペースがそもそもないのです。

疲れたからちょっとリクライニングして車内で横になるか~ってことができないので、その点には注意が必要です。

雨漏りの可能性がある

雨漏りの可能性があるというのもコペンの欠点の1つです。

オープンカーの宿命なのですが、屋根を閉めている時は設置部分をゴムで圧迫させているので、ゴムが劣化したら雨漏りをしてしまうのです。

これが普通の車であればそもそも雨が入るスキマそのものがないので、鉄板に穴でも空いていない限りは雨漏りなんかあり得ません。

しかし、コペンはゴムが劣化したら雨漏りするし、交換をしなければならないので、その辺りは欠点と言わざるを得ないでしょう。

実際、どんな感じになるのかはオープンカーではないですが、ハリアーのサンルーフの所でもお伝えしているので、よかったら下記の記事を読んでみてください。

関連記事:ハリアーのサンルーフから雨漏り!パッキンが原因か?

乗り心地が悪い

コペンは足回りが普通の車と比べて固くなっています。つまり、乗り心地はよくありません。

コペンは軽自動車でありながらスポーツカーでもあるので、キビキビした動きをするためにサスペンションが固いのです。

交差点ではハンドルを切った分だけキュッと曲がってくれますが、細かい段差や凸凹道ではモロにギャップを拾ってしまいます。

どちらかというとレーシングカートのようなイメージなので、乗り心地はそこまで良くないと思っておいた方がいいでしょう。

パワーが弱い

パワーが弱いのものコペンの欠点の1つです。

なにしろ軽自動車ですからね。どうしてもパワーは普通自動車と比べて劣ってしまうのは仕方がありません。

とはいえ、その分コペンは軽自動車の中でも最軽量に近い850~870kgですからね。

街乗りで不便を感じるようなことはありませんよ。

関連記事:スズキ 新型ソリオは買って後悔した?評価を辛口で解説

コペンを買って後悔しない人はこんな人

コペンを買っても後悔しない人は車が好きな人です。正確に言えば車にスポーツ性を求めている人と言ってもいいでしょう。

上記でコペンは欠点の1つとして足回りが固いとご紹介しましたが、言い換えるとキビキビした挙動の車でもあるので、自分の思い通りに車が曲がってくれるのです。

これはスポーツカー全体の特徴とも言えます。

足回りが固く、キビキビした動きは乗り心地は悪いですが、なんでもない交差点を曲がる時でもギュンっと曲がれます。

普通に運転しているだけなのに楽しい!って感じるのがコペンという車なのです。

更にコペンは軽自動車の中でも最軽量に分類される車重なので、その軽さがコペンのキビキビした動きをサポートしてくれます。

確かに荷物は積めないし、人も乗せられないというデメリットはありますが、車の運転が好きならそんなデメリットを差し引いても満足できるだけの魅力がコペンにはあります。

コペンの買って後悔しそうな欠点まとめ

コペンは狭くて荷物積めない、他人を乗せられないといった欠点はあるもののスポーツカーらしい軽快な動きを楽しめる車です。

車を荷物の運搬のために使うという人にとってはとてもおすすめできない車ですが、走りを楽しみたいという方にとっては買って後悔することはありません。

街中でもスポーツ性を楽しめるという点においてはもしかしたらロードスターよりも上かもしれないので、気になる人は一度試乗に行ってみるといいですよ。

お得に車を買い替えたい方必見のマル秘テクニック(買い取り額46万円UP)

あなたは車を買い替える時、愛車の下取りはどこに出しますか?もしかして、そのまま買ったディーラーとかで売ろうと思っていません?

それ、かなり損しますよ。

ディーラーに言われるがままに安値で下取りする前に一度だけ、複数の比較査定で見積もりを取ってください。

買取金額が大幅に跳ね上がり、その額に驚きますよ。(マジで)

私の場合は、ディーラーで下取り9万円だったものが一括査定ではなんと55万円。
差額がなんと46万円も儲かりました。

業者同士で競い合わせると、びっくりするほど買取金額は上がっていきます。

無料で、その場でたった45秒で査定できますので、車の購入費用を捻出したい方はやらない手はないですよ!